S nonikki   This site is not for commerce
rss
CALENDER.
<<  2016/12 >>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
SEARCH.
RECENT POSTS.
  • 全記事一覧
CATEGORIES.
TAG CLOUD.
RECENT COMMENTS.
MONTHLY ARCHIVES.
WEB MASTER’S PROFILE.

Name:S
■Start:2012.10~
■Monthly PV:200K
■Monthly UU:68K
■Visitors/day:2.5K
Twitter:@snnkknns
Mail:snonikki#gmail.com
(#→@ )

LINK.
COUNTER.

最高のリーマン靴スコッチグレインを熱湯で洗った Part.2|靴の丸洗い

02 / 24 , 2013  【maintenance
ブログランキング・にほんブログ村へ
follow us in feedly
このエントリーをはてなブックマークに追加

『 最高のリーマン靴スコッチグレインを熱湯で洗った Part.1 』

の続きです。

高温の洗浄力でお湯の色は真っ黒に

リムーバーを使ってクリームを落とした後は熱湯(浴室から出る一番熱い温度(61℃)に1時間程漬けておく。(※)

※靴によっては高温のお湯でボンドが変化し、染みになってしまうこともあるようです。 高温のお湯を使われる際にはくれぐれも慎重に、自己責任で行うようお願い致します。 温度40℃でもある程度の効果が得られることがわかりましたので参考にされる際は合わせてご覧になってみてください。

http://goodvibes9999.com/blog-entry-352.html

革の染料かクリームか汚れか、お湯が真っ黒になった。
サドルソープで外と内を洗ってシャワーで流し、再び1時間程熱湯に漬ける。
タオルでしっかりと水分を拭き取り、木製のシューツリーを入れて室内で乾かす。(途中シューツリーを何度か交換)
半乾きの状態の写真。トゥの部分を鏡面にしていたが熱湯を使うことによって完全にワックスが落ちているのがわかる。

半乾き状態の写真

デジカメ 012 デジカメ 013 デジカメ 014 デジカメ 015

半乾きの状態でディアマントを塗り込む

サドルソープ使用後、再び熱湯に漬けたことで銀浮きも見られない。
半乾きの状態でディアマントを塗りこみ完全に乾かす。

乾燥後の写真 (カーソルを乗せると洗う前の写真になります。)

スコッチグレイン丸洗い1 スコッチグレイン丸洗い2 スコッチグレイン丸洗い3

定期的に丸洗いを行うことで長く履くことができる

パラブーツの時には熱で剥がれてしまったソールも剥がれている箇所はなく、日本の技術の高さを確認することができた。
スコッチグレインの中でもグレードが低い物であるが、雨の日専用の靴として既に3年が経過している。
雨の日、雨が降りそうな日はほぼこの靴を履いていて、防水目的にアッパーにもポリッシュを使っているが、完全なスッピン状態を見ても革は痛んでおらず、ひび割れも無かった。
定期的に洗うことで一生涯使う事も可能なのではないかと本気で思わせてくれる仕上がりになった。

SG終全体

【スコッチグレイン】その他の記事

ブログランキング・にほんブログ村へ
follow us in feedly
このエントリーをはてなブックマークに追加
02 / 24 , 2013
gotopagetop
gotopagetop

Post a Comment.

Private message

gotopagetop

© S's BLOG ALL RIGHTS RESERVED.