S nonikki   This site is not for commerce
rss
CALENDER.
<<  2016/12 >>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
SEARCH.
RECENT POSTS.
  • 全記事一覧
CATEGORIES.
TAG CLOUD.
RECENT COMMENTS.
MONTHLY ARCHIVES.
WEB MASTER’S PROFILE.

Name:S
■Start:2012.10~
■Monthly PV:200K
■Monthly UU:68K
■Visitors/day:2.5K
Twitter:@snnkknns
Mail:snonikki#gmail.com
(#→@ )

LINK.
COUNTER.

バレンシア工場(米国)製 リーバイスヴィンテージクロージング 50155-0116穿き込み 番外編|VCは進化しているのか Part.1

01 / 26 , 2014  【LVC Hakikomi
ブログランキング・にほんブログ村へ
follow us in feedly
このエントリーをはてなブックマークに追加
バレンシアLVC比較9

リーバイス ヴィンテージクロージングの完成度

「当時と寸分違わぬ完全な姿での復刻」を命題に1999年にスタートした、LVCこと「Levi's Vintage Clothing」ライン。
芸術品のような美しい色落ちのヴィンテージのリーバイスの価格は数十万円、高いものでは数百万円の値がつきます。ヴィンテージのリーバイスがどれだけ美しくても、高値で取引されてもリーバイス社が潤うことはありません。潤っているのは、ヴィンテージを取り扱う古着屋、ヴィンテージリーバイスのパロディを製造しているブランド(以下 : レプリカブランド)、というのが現状。

リーバイスもLVCを立ちあげる前からヴィンテージの復刻の製造は行っているものの、その評判は・・・。リーバイスが完成度の低い復刻物を販売し続けている間に誕生した、リーバイスよりもリーバイスの要素が詰まったレプリカブランドが多く誕生し、その人気は確立されてしまいました。1から育てる楽しみを知ったジーンズ好きの人達の多くは、色落ち、その他のディテールでレプリカブランドの方がオリジナルの再現力に長けているとリーバイス以外を選びます。どの時期のどのモデルを見てそう判断したのかは不明ですが、最近では穿いている人が少ないのか、評判すら聞きません。

リーバイスの現在までの歴史を辿ると、おおよそ5年スパンでモデルチェンジを繰り返しているそうで、「当時と寸分違わぬ完全な姿での復刻」を目指し、現在も進化を続けているようです。

先日、現在穿き込み真っ最中の50155-0116(2012年製)とは別に、LVCがスタートした1999年の2年前、1997年に製造された55年の復刻モデルである「Levi's® 501-0003」を入手しました。

バレンシアLVC比較4

[写真上]501-0003(1997年製) [写真下]50155-0116(2012年製)

バレンシアLVC比較2

[写真上]501-0003(1997年製) [写真下]50155-0116(2012年製)

バレンシアLVC比較5

[写真左]501-0003(1997年製) [写真右]50155-0116(2012年製)

バレンシアLVC比較3

[写真上]50155-0116(2012年製) [写真下]501-0003(1997年製)
2012年製は赤過ぎ、1997年製は太すぎる

バレンシアLVC比較6

[写真]501-0003(1997年製)のまばらな縦落ち

バレンシアLVC比較7

[写真]501-0003(1997年製)のセルビッジのアタリ
ジーンズ通が好むキャタピラーのような色落ちはしていない

バレンシアLVC比較1

[写真左]501-0003(1997年製) [写真右]50155-0116(2012年製)

この1997年製の501-0003は、今は無きバレンシア工場で製造された比較的色落ちがよいとされているモデルのようです。命題を課す前のものなので当然と言えば当然ですが、一目で復刻とわかる「当時と寸分違わぬ完全な姿での復刻」とは程遠い出来だと感じました。2012年製の色落ちが進んでいない為、色落ちの比較はできませんが、並べて見てみると、ポケットのサイズやセルビッジの幅等の細かい部分はオリジナルに近くなっているように感じます。
最終的に現在穿き込み中の50155-0116と同年代のオリジナルのヴィンテージとを比較して「当時と寸分違わぬ完全な姿での復刻」の命題がクリアできているのか確認したいと思っています。

みなさんはどう思いますか?

続き 『 リーバイスヴィンテージクロージングは進化しているのかPart.2 』 を読む >

ブログランキング・にほんブログ村へ
follow us in feedly
このエントリーをはてなブックマークに追加
01 / 26 , 2014
gotopagetop
gotopagetop

Post a Comment.

Private message

gotopagetop

Title : No title
 Posted by AGR

「当時と寸分違わぬ完全な姿での復刻」と言う命題は、リーバイスジャパンのサイトには書かれていますが、LVCのサイトには以前からその様な表現はありませんでした。

オリジナルのヴィンテージを知る人であれば、寸分違わぬ物を作る事は不可能であると思う人がほとんどだと思います。率直に言って、かけ声倒れで現実的ではないと思います。

否定的に書きましたが、それは上記の命題のコピーの話で、復刻品は随分頑張っているな、良くここまでやったな〜と思っています。単に製品としてみた場合、かなりのレベルの仕上がりだと思います。

gotopagetop

Title : AGRさん >
 Posted by S

マニアではないので細かいことはわかりませんが、パロディとヴィンテージの色落ちの違いくらいはわかります。
どの時期のどのモデルを見て随分がんばっているな、良くここまでやったな~、現実的ではないと判断したのかは不明ですが、コメントありがとうございました。

gotopagetop

Title : AGRさん >
 Posted by S

「当時と寸分違わぬ完全な姿での復刻」と言う命題の存在をヴィンテージ愛好者が聞くと過敏に反応するということがよくわかりました。
気候・環境・経年期間・・・できることとできない事があるのは当たり前。戦略のうちの一つだと思っています。

返信ありがとうございました。

gotopagetop

Title : No title
 Posted by AGR

Sさん、

私は別に過敏に反応したつもりはありません。Sさんのコメントで「現実的ではないと判断したのか不明ですが」とあったので、性格的にきちんと説明すべきと思ったもので過敏に思える様な反応をしたつもりではありませんでした。

すみません。

ご存知の事と思いますが、私は復刻が嫌いなわけでも、否定しているわけでもありません。むしろ逆です。

命題が戦略だということは私も分かりますが、それが効果的、有効とは思えません。

考え方、受け取り方の差だと思います。

gotopagetop

Title : No title
 Posted by AGR

たびたび、すみません。改めて考えてみると、Sさんらしい風刺的なアプローチでリーバイスジャパンのLVCの命題を取り上げたことに対して、マジレスで反応してしまった様に思います。コメントの返事を含めて...

失礼しました。

gotopagetop

Title : AGRさん >
 Posted by S

リーバイスの復刻の(インターネット上での)評判がすこぶる悪いようなのであえての表現もしています。

マジレスありがとうございました。またお願いします。

gotopagetop

© S's BLOG ALL RIGHTS RESERVED.