S nonikki   This site is not for commerce
rss
CALENDER.
<<  2016/12 >>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
SEARCH.
RECENT POSTS.
  • 全記事一覧
CATEGORIES.
TAG CLOUD.
RECENT COMMENTS.
MONTHLY ARCHIVES.
WEB MASTER’S PROFILE.

Name:S
■Start:2012.10~
■Monthly PV:200K
■Monthly UU:68K
■Visitors/day:2.5K
Twitter:@snnkknns
Mail:snonikki#gmail.com
(#→@ )

LINK.
COUNTER.

ヴィンテージジーンズは本当に良いジーンズなのか? |501XXの独特のオーラ

05 / 24 , 2014  【Unclassified
ブログランキング・にほんブログ村へ
follow us in feedly
このエントリーをはてなブックマークに追加
リーバイスヴィンテージクロージング

ヴィンテージジーンズは本当に良いジーンズなのか?

グルメ番組でレポーターがよく使う「コク」ってあるじゃないですか。

「コク」があっておいしいです。深みのある「コク」が特徴です。独特の「コク」が…。

おいしい時には「コク」があり、もうひとつな時には「コク」が足りない。
「凝縮されたうまみ。熟した濃い味わい」のことなのだそうですが、褒め言葉として使われるのはわかりますが、どんな味なのかよくわからない、グルメレポーターにとって使い勝手のよい言葉「コク」。

ヴィンテージジーンズの魅力を語る時に、独特の「オーラ」という表現がされているのを見ます。
レプリカジーンズには絶対に出せないヴィンテージジーンズの圧倒的なオーラ。

「人や物が発したり、漂わせるもので人を惹きつける独特の雰囲気」のことなのだそうです。
グルメレポートの「コク」に通じるものを感じます。

ラーメンのスープであれば数時間じっくり煮込めば行列ができる程おいしい「コク」があるものができることもあるようですが、リーバイスの所謂レプリカを数ヶ月以上じっくり穿いても「オーラ」と呼べるものを感じられるジーンズにはなっていません。

経過年数(古い)=オーラの量なのか

数ヶ月ではなくもっと長い年月をかけて熟成されたヴィンテージジーンズだからこそのオーラだとすれば、古ければ古い程オーラがあるということが言えるのではないかと考え、1971年頃から1975年頃に製造されていた「リーバイス501 66前期」、1966年頃から1970年頃に製造されていた「リーバイス501 ビッグE」、1955年頃から1962年頃に製造されていた「リーバイス501 XX紙パッチギャラ入り」を並べてみました。

Vintage_Levis_2.png

[写真]左から66前期、ビッグE、XX

ヴィンテージジーンズのディテールを真似ても独特のオーラは出ない

写真写りが悪いので分かりづらいと思うのですが、肉眼で見てもそれぞれの年代・モデルの色落ち(縦落ち)の特徴は、出ているような出ていないようなよくわからない感じです。
501XXの隠しリベット、細めのセルビッジ、縦落ち、両膝に付着した錆かオイルかの染み、恐らくプロの直し屋が施した丁寧なリペア跡を見た後、着用して、「こ…これが、あのXXか」と一瞬、独特なオーラめいたものを感じました。
66前期とXX、縦落ちの特徴のわずかな違い、リベットの有無、膝から下のテーパード加減やその他のディテールの違いがあることはわかりました。製造時期で言うと20年程差があります。しかし、残念ながら希少性や細かいディテールを抜きにしたオーラの違いを感じることはできませんでした。

自然にできた汚れや破れがオーラ?

レプリカ=造られたもの。ヴィンテージ=偶然の産物で再現不可能。
レプリカブランドの縦落ちはわざとらしいと言われますが、ヴィンテージで同じような縦落ちをしていると鬼のような縦落ちと絶賛、高値で取引されがちです。

「オーラとは細部の積み重ね」と以前に書きましたが、実は、よく意味がわからずに使っていました。
入手したオリジナルのXXの膝には錆びかオイルの茶色い染みがあります。見る人によってはウ○コに見えるかもしれません。「XX」の特徴である隠しリベットは穿いている状態では見えませんし、赤タブのLEVISのEの文字は糸が抜けかけていて近づいて見ないと確認できません。綺麗好きの人が穿いていて、定期的に洗っていたのか黄ばんではいません。
リアルワーカーが着用してできた穴やリペア痕、オイル染みはオーラを形成する要素にカウントされ、意図的に施されたダメージ加工のジーンズのソレらはカウントされないのか。

リベットの色や文字の特徴。雑誌やネットで得た知識。ヴィンテージアイテムばかりを並べた古着屋には独特の雰囲気があります。お香の香り、薄暗い照明、「ウン十万円」の値札、「19○○年代オリジナル」、等々の文字を見て錯覚を起こした脳から出ている(思い込み)ものがヴィンテージジーンズ独特のオーラという可能性はないのか。

さらに60年以上前のヴィンテージジーンズとソレを真似て再現した所謂レプリカを並べて、見て比べても、穿いて比べてもオーラの違いは今のところわかりません。レプリカでも色が落ちて、オイル染みや穴や傷、それらのリペアの痕等々が刻まれると独特のオーラを放つジーンズになるのか。
インディゴが濃い状態であれば違う結果になったのかもしれませんし、単純にワタクシに「オーラ」を感じ取るセンスが欠けているという可能性もあります。

いろいろ考えているうちにあのフレーズを思い出しました。

たかがジーパンや!

ワタクシもそう思います。

(リーバイスのコピーを作るレプリカブランドを肯定するつもりも、ヴィンテージジーンズを否定するつもりも毛頭ございません。)

ブログランキング・にほんブログ村へ
follow us in feedly
このエントリーをはてなブックマークに追加
05 / 24 , 2014
gotopagetop
gotopagetop

Post a Comment.

Private message

gotopagetop

© S's BLOG ALL RIGHTS RESERVED.