SLOG   This site is not for commerce
rss
CALENDER.
<<  2019/10 >>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
SEARCH.
CATEGORIES.
MONTHLY ARCHIVES.
08 / 10 , 2014  【Repair
裾上げアタリ出し前1

ヴィンテージジーンズの裾上げをしてアタリを出す

このブログを定期的に見てくれている方でジーンズ好きの方であれば、もしかしたら「アタリ出し加工まで自分でやりやがったか!」と思われたかもしれませんが、今回はプロにお願いしました(汗)。

いつもブログを見ている人気のジーンズリペア屋さんは仕上がりは良さそうだけど、納期はなんと2ヵ月半。待っていられません。
「ジーンズ アタリ出し」で検索して日本で一番上位に表示される(Google)リペア屋さんにお願いしました。

裾上げ(チェーンステッチ)、両足表裏のアタリ出し加工で価格は5,250円(税抜送料別)。

この年代のジーンズの特徴なのかあまり詳しくないのでわかりませんが、膝から下にかけてのテーパードがほとんど無く、太めのシルエットである501XX。林丈とまではいきませんが、いつもより気持ち短めの丈にするように依頼しました。

裾上げ前

裾上げアタリ出し前4

裾上げ前①

裾上げアタリ出し前3

裾上げ前②

裾上げアタリ出し前2

裾上げ前②

裾上げ後

裾上げアタリ出し後5

裾上げ後①

裾上げアタリ出し後2

裾上げ後②

裾上げアタリ出し後4

裾上げ後③

裾上げアタリ出し後1

裾上げ後④

ジーンズを発送してから作業完了後、到着まで約20日。

裾上げ前の状態はチェーンステッチで裾上げされてはいましたが、裾の部分にタタキリペアが施してあり、特有のねじれが出ていませんでした。画像で見る限りでは納期2ヵ月半の人気のリペア屋さんの仕上がりよりも良いように感じました。
裾上げのステッチの色の選択も幅もすべてにおいて申し分無い仕上がり。

ヴィンテージジーンズは欲しいけどウエストもレングスも丁度良いサイズが見つかるなんてことはほとんど無い。「だったらレプリカでってなっちゃう」という人も中にはいるのではないかと思います。今後ジーンズを購入する予定は今のところありませんが、「アタリ出し加工」はかなり使えるサービスだと思いました。

08 / 10 , 2014
gotopagetop
03 / 15 , 2014  【Repair
ヴィンテージジーンズの黄ばみ

[写真]ヤフオクで購入したリーバイス 66前期モデル

ジーンズの黄ばみをジーンズ用洗剤と熱湯とお酢で落とす

ヴィンテージジーンズは欲しいけど、サイズや色、状態等を見て欲しいと思っても価格がネックとなり、二の足を踏んでいる人も多いのではないでしょうか。

Read more...

03 / 15 , 2014
gotopagetop
08 / 10 , 2013  【Repair
66前期セルフリペア1

ヴィンテージリーバイス66前期の裾の破れをセルフリペア

ヤフオク!で落札したボロボロのリーバイスのジーンズ 66前期のセルフリペア完了』の記事で、完了したと思っていたヤフオクで落札した66前期のリペア。
実はまだ裾の後ろ部分だけ破れたままだった。この部分のリペアもプロのブログで何回も見ているのでなんとなく方法はわかっていたのだが、生地が破れて当て布が必要なのにも関わらず適当なデニム生地が手元に無かったので無視していた。

Read more...

08 / 10 , 2013
gotopagetop
08 / 08 , 2013  【Repair
ビッグEセルフリペア1

ヴィンテージジーンズのセルフリペア Part.2

ヤフオクで格安で落札したオリジナルのビッグEのセルフリペア Part.1』の続きです。

ヴィンテージに限った事ではないが、デニム生地は長年穿いていると生地が弱ってくる。
洗わずに穿き続けるのが善しとされていた時期もあったが、今では各メディアで適度に洗うことを推奨していることから洗わずに穿き続けるという人はかなり減っているのではないだろうか。しかし、洗おうが洗うまいが穿き続けていると生地は磨り減り、放ってくといずれ穴が開いてしまう。穴が開いたまま穿くと当然その穴は広がり、さらに穿き続けると着用すらできなくなる。

リペア(修理)の跡が味となりデザインの一部にすらなってしまう素材はデニムを除いて他にあるだろうか。
穴が開いたデニムを目立たないようにリペアするのではなく、裏地を意図的に見せるような「カスタムリペア」なんていうものも最近頻繁に目にするようになった。新品の状態ですでにカスタムリペアを施したかのようなデザインのジーパンも多く発売されている。

ワタクシがオークションで落札し、初めてセルフリペアを行った77501もソレ(=カスタムリペア)にあたる。これは意図的に行った部分もあるが、技術的な問題でそうならざるを得なかった部分の方が大きい。カスタムリペア、意図的に魅せるようなリペアを施したデニムは単体で見ると確かにかっこいい。

好みや程度にもよるが、実際に穿いてみると主張が過ぎてチンピラ風の男性が好んで穿いているようなソレに思えてならない。長時間かけてリペアしたが、結局のところ穿いていない。

やりすぎた「カスタムリペア」はワタクシの好みではなく開いてしまった穴はシンプルに最小限の範囲で塞ぎ、出来るだけ穴が開かないように早めにリペアを施す。

ヴィンテージショップMARVIN'Sオーナーの半沢和彦氏は「Free&EasyのDad's Style」に度々登場しているが、氏の披露するアイテムはどれもコンディションがよい。秘訣は汚れたら洗濯、こまめにリペアをすることなのだそう。

先日手に入れたワタクシのビッグE。右ひざに初めから開いていた穴のリペアは完了したが、反対側の左腿から膝にかけて、破れてはいないが、今にも破れそうなほど生地が弱っている。早めのリペアを施すことにした。

ビッグEセルフリペア2 ビッグEセルフリペア3

穴が開いているわけではないので直接デニムに糸を入れていく

ビッグEセルフリペア4 ビッグEセルフリペア5

綺麗に縦落ちした生地の目に沿ってミシンを走らせた結果、写真だけでなく肉眼で見ても糸が入っているとは思えないほど綺麗に仕上がった。
それでいてしっかりと補強できている。

使った道具

使った材料

作業時間

  • 30分強

08 / 08 , 2013
gotopagetop
08 / 07 , 2013  【Repair
ヴィンテージジーンズセルフリペア

ヴィンテージジーンズのセルフリペア Part.1

先日ヤフオク!で落札したオリジナルのビッグE。
右膝に穴が空いているので直すことにした。
裏返して見てみると、穴の上の部分も生地が弱っていて今にも破れそう。

ヴィンテージジーンズセルフリペア2 ヴィンテージジーンズセルフリペア3

サイドのステッチを解き、

ヴィンテージジーンズセルフリペア4

接着芯地を穴とその周辺の弱っている部分にアイロンで接着し、

ヴィンテージジーンズセルフリペア5

ひたすらミシンを往復させる。

ヴィンテージジーンズセルフリペア6 ヴィンテージジーンズセルフリペア7

完全に埋めてもいいが、時間と糸が多く必要になるので程ほどで終了。

ヴィンテージジーンズセルフリペア8

サイドステッチを元通りにして完了。

ヴィンテージジーンズセルフリペア9

マウスを写真に乗せるとリペア前とリペア後の比較画像をお楽しみいただけます

意外と簡単に出来るジーパンのセルフリペア

ダメージ加工、リペア加工物のデニムが流行っているが、穴が開いたまま穿くとその度に穴は広がっていく。
穴が空いたままの方がかっこいいという人もいるのかもしれないが、ミシンで穴を埋めたリペア痕もかっこいいと思う。
ちょっとステッチがほつれたくらいで店にリペアの依頼をするのもいいが、自分で直すと低コストで済むし、今回くらいの穴であれば1時間程度で直すことができる。そして何より愛着が湧く。ミシンも材料も安く豊富に揃っていて、簡単に手に入れることができるので是非自分でリペアしてみることをお勧めする。

使った道具

使った材料

作業時間

  • 1時間弱

続き 『ヤフオクで格安で落札したオリジナルのビッグEのセルフリペア Part.2』 を読む >

08 / 07 , 2013
gotopagetop
07 / 19 , 2013  【Repair
66前期セルフリペア

ボロボロのリーバイスのジーンズ 66前期のセルフリペア完了

リペア完了。

ヤフオク!で落札したボロボロのリーバイス 66前期のリペアを開始③【Levi's 66 SINGLE】の続きです。

リペア途中

66前期セルフリペア2

リペア後

66前期セルフリペア3

リペア後

66前期セルフリペア4

リペア後

66前期セルフリペア5

リペア後

66前期セルフリペア6

リペア後

66前期セルフリペア7

リペア後

66前期セルフリペア8

リペア後

66前期セルフリペア9

リペア前

66前期セルフリペア10

リペア後

66前期セルフリペア11

リペア前

66前期セルフリペア12

リペア後

66前期セルフリペア13

リペア前

66前期セルフリペア14

リペア後

66前期セルフリペア15

使った道具

ミシンはSINGER OS 99DXというかなり前に1万円するかしないかくらいの値段だった物。

使った材料

手順

簡単に言うと、穴と生地が弱っている部分に接着芯をアイロンで接着し、ひたすらミシンで穴埋め、補強をしていくというもの。

作業時間

  • 8時間(ミシントラブル除く)

ジーパン本体を入れても15,000円でお釣りがくる金額に収まった。
PC画面で見るプロの仕事に見劣りしない出来だと思うが(笑)、肝心の耐久性は穿いてみないとわからない。穿くかどうかもわからない。

07 / 19 , 2013
gotopagetop
07 / 18 , 2013  【Repair
P7181769.jpg

リーバイスのジーンズのセルフリペア 4


ミシンが悲鳴を上げる度にワタクシは発狂していた。

ヤフオク!で落札したボロボロのリーバイス 66前期のセルフリペア③【Levi's 66 SINGLE】の続きです。

こんな大掛かりなリペアを施して、果たしてこれを履くのか。そんなことはどうでもよかった。穴という穴をすべて塞ぎ、補強の為に張った接着芯地にステッチを入れていく。

77501をリペアした頃に比べてリペアの方法は全く違う。プロのリペアの仕事をPCの画面で見ていただけなのに途中段階ながら明らかに良い仕上がりになっている。

P7181776.jpg

P7181779.jpg

作業が終わりに近づいた頃、ミシンの癖も掴んで止まることは無くなっていた。使ったミシン糸は200m×5個。1km近くなっていた。

続きを見る


07 / 18 , 2013
gotopagetop
07 / 17 , 2013  【Repair
66前期リーバイス501

ボロボロのリーバイス 66前期をセルフリペア 3

リペア屋のブログを見ながらいつも思っていた。

「高いなぁ、修理に3万円。高いなぁ。」

ヤフオク!で落札したボロボロのリーバイス 66前期のセルフリペアを開始【Levi's 66 SINGLE】の続きです。

家庭用のミシン、素人の腕ではやはり限界がある。
初めのうちは楽しかった。2cmくらいの小さい穴を埋めるのは5分と掛からない。これくらいなら家庭用のミシン、素人の腕でも綺麗に仕上がる。

P7171752.jpg

しかし、今回購入した66前期に開いている穴だらけで、その穴も大きい。
さらに全体的に生地が弱っている為に広範囲にわたって補強しなければならない。思うように糸が進まない。家庭用のミシンの為か。途中で気が狂いそうになり発狂しそうになった。長時間作業しているとミシンのモーターの方が先に悲鳴を上げ、動かなくなった。
途中で休ませてやらないとモーターが加熱し過ぎてロックが掛かるようだ。

P7161749.jpg

P7171750.jpg

プロのリペア屋の料金、良心的な価格だなぁ。

心の底からそう思った。

ヤフオク!で落札したボロボロのリーバイス 66前期のセルフリペア④ 』へ続く

07 / 17 , 2013
gotopagetop
07 / 16 , 2013  【Repair
66前期リーバイス501

ボロボロのリーバイス 66前期をセルフリペア2

ボロボロのリーバイス 66前期をヤフオク!で落札した。の続きです。

ヤフオク!で一万数千円で落札したリーバイス66前期。ジーンズリペアを営むショップのブログを2つお気に入りに登録しているワタクシは見よう見マネでセルフリペアを行うことにした。

このブログに何度か登場している77501は穴の部分にデニムを当てたが、これでは履き心地が悪い。

楽天で接着芯を購入。

P7161737.jpg

裏返してアイロンで接着していく。全体的に生地が弱っていたので、穴が開いている部分だけではなく腿から膝下まで貼った。

P7161738.jpg

いつも見ているリペア屋のブログで見る写真のようにきれいに貼れた。サイドステッチを解き、ミシンで穴をひとつずつ塞いでいく。

66前期リーバイス501_2

ここまでは順調だった。

ヤフオク!で落札したボロボロのリーバイスのジーンズ 66前期のセルフリペア3 』 へ続く

07 / 16 , 2013
gotopagetop
07 / 12 , 2013  【Repair

ボロボロのリーバイス 66前期をセルフリペア 1

『 Repair 』 カテゴリ開設しました。

現在穿き込み中であるLVC 50155-0116を人生最後のジーパンにしようと思っていたが、55年モデルのレプリカである50155-0116と50年代に製造された非レプリカ、いわゆるオリジナルのヴィンテージ物の色落ちを比較してみたい。 密かにそんな思いを抱いていたワタクシは毎日のようにヤフオク!をチェックしていた。



しかし、語れる程のヴィンテージの知識があるわけではなく、オークションでの相場もわからない。おまけに穿くかどうかもわからないので低予算(3万円以内)で、かと言って穿けないサイズは嫌なのでW34(85cm)前後で、といったワガママな探し方をしていた。

明らかなレプリカ物をオリジナルとして出品している物もあった。
欲を言えばきりが無い。探し続ける事に飽きてきていたワタクシは、隠しリベット、赤タブ両面BIGE、センターオフセットベルトループ色残り40%ぐらいのボロボロのXXに的を絞った。開始価格10,000円。ギリギリまで粘ったが、終了間際にはあっけなく予算オーバーして諦めた。

落札する気マンマンだったワタクシは落胆し、虚ろな眼差しで別の物を探していた。

しばらくしてもの凄い縦落ちを魅せる66前期が目に飛び込んできた。即決価格で1万数千円。ヴィンテージ特有の綺麗な縦落ちをするのが66前期までだと言われているが、ここまで綺麗に縦落ちしている66前期はなかなかないはず。サイズも申し分無い。見つけてから落札のボタンを押すまでに1分かからなかった。本当は55年モデルのオリジナルが良かったが、ギリギリヴィンテージのカテゴリに入る66前期とレプリカであるLVC 50155-0116を比較しながら穿きこみすることにした。

綺麗な縦落ちの66前期が1万数千円で落札できたのは、運が良かったのではなく写真の通り破れがかなり酷いから。写真にはない膝の部分の破れはもっと激しく、全体的に生地が弱っていてこのままでは穿くことができない。
リペア屋に頼むと数万円はかかるだろう。1万数千円で購入した物に数万円出してリペアする気にはならない。

じゃあどうするのか。

『 ヤフオク!で落札したボロボロのリーバイスのジーンズ 66前期のセルフリペアを開始 』へ続く

07 / 12 , 2013
gotopagetop

gotopagetop

© SLOG ALL RIGHTS RESERVED.