SLOG   This site is not for commerce
rss
CALENDER.
<<  2019/06 >>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
SEARCH.
RECENT POSTS.
  • 全記事一覧
CATEGORIES.
RECENT COMMENTS.
MONTHLY ARCHIVES.
WEB MASTER’S PROFILE.

Name:S
■Start:2012.10~
■Monthly PV:200K
■Monthly UU:68K
■Visitors/day:2.5K
Twitter:@snnkknns
Mail:snonikki#gmail.com
(#→@ )

02 / 03 , 2019  【maintenance
20190203_1.png

購入してから7年後、クロケットジョーンズのコノート、ひび割れる

ブログの記事にするのはやめておこうと思ったのですが。

このブログで度々登場しているクロケット&ジョーンズのコノートがひび割れを起こしてしまいました。

20190203_2.png 20190203_2.png

購入してから7年が経過するのですが、きっちり手入れをして定期的に丸洗いをしていればひび割れすることなく半永久的に履き続けることができる。本気でそう思っていたので、ひび割れに気付いた時はショックで食事も喉を通らない程でした。

何故ひび割れてまったのか。

実は心当たりがいくつかあり。

  • サイズが合っていなかった。
  • 手入れをせず履き続けている時期があった。
  • 5年後のクロケットはダメになるかも説。

サイズが合っていない靴はひび割れる

元々この靴は、サイズが合っておらず、厚めのインソールを入れても少し余裕がある状態でした。
考えられる1番の原因はこれです。サイズが合っていないと履き皺が深く入ってしまい、皺とその周辺に負荷がかかってひび割れてしまうそうです。実はこの靴を買う時にショップスタッフは革が伸びるからともうハーフサイズ下を勧めてくれたのですが、その助言を無視してしまい、結果サイズが合わないまま履き続けなければいけない状態になってしまいました。

実は手入れをせずに履き続けている期間があったのでひび割れた

さらに、去年、おととしと何回か、靴の手入れをする余裕がない程、心身ともに疲れきっている時期がありました。その時期は手入れらしい手入れは全くせず、靴を脱いでもシューツリーを使わず、玄関に脱ぎっぱなし。休ませることなく連続して履いたことも何回かありました。湿気と塗り重ねていたクリームやワックスとで革が劣化して、弱っていったのかもしれません。丸洗いも2016年の正月以降していませんでした。これもひび割れをしてしまった原因の一つである可能性が非常に高い。

クロケットは5年でダメになる(ひび割れる)かも説

もう一つはクロケット&ジョーンズは5年でダメになる靴であるかもしれないということ。詳しくはこちらをご覧ください。

Googleで画像検索をしてみると、偶然にもワタクシが所有するクロケット&ジョーンズのコノートと思われる靴で全く同じ箇所がひび割れた画像がありました。

クロケットは5年でダメになる(かもしれない)靴。ワタクシの場合は7年でした。

考えられる原因は以上3点ですが、決定的な原因が何なのかはわかりません。
申し訳ありません。

ひび割れた靴との付き合い方

ひび割れてしまったのは仕方がないとして、この靴とどう向き合うかを考えないといけません。

革靴がひび割れた時の対処法

  1. 売る
  2. ひび割れを気にせずそのまま履き続ける
  3. ひび割れを目立たせないようにして履き続ける
  4. ひび割れた部分にパッチを貼る

ヤフオクやメルカリなどで売ってしまうというのも一つの選択肢としてありますが、愛着があるのでそう簡単に手放せません。
どこの誰かわからない人の手に渡るくらいなら自分で限界まで使って捨てる方がいい。

しばらくはひび割れが進行しないように、目立たないようにしながら履き続けたいと思います。
以前、ダナーのエクスプローラーのひび割れを削って補修しましたが、今回はドレスシューズなのでより繊細な作業が必要になります。

どうすればひび割れを進行させずにドレスシューズとして履けるレベルで目立たなくさせるかはこれから考えてこのブログで晒していきたいと思います。

アドバイスがあれば是非教えてください。
よろしくお願いします。

02 / 03 , 2019
gotopagetop
11 / 26 , 2018  【maintenance
江戸屋_1

江戸屋の靴磨き用ブラシは本当に良いブラシなのか?

江戸屋の靴磨き用ブラシ(山羊毛ブラシと豚毛ブラシ)を購入して使い始めてから1年が経過しました。

江戸屋のブラシはずっと欲しかったのですが、オンラインショップでは常に在庫切れ。定価は豚毛ブラシ 6,000円(税抜)、山羊毛ブラシ10,000円(税抜)。さらにヤフオク等ではプレミア価格で売られています。そんな高級ブラシである江戸屋の靴磨き用ブラシは本当に良いブラシなのでしょうか。

手に入れることが難しいことは靴磨き好きのみなさんならご存知のことと思います。たまたま運良くオンラインショップを覗いた時に在庫があり、購入することができました。実際に手元に届いた時はとても興奮しました。

仕上がりに関しては大差は無い

噂通り、全く毛は抜けないし、毛が反り返ることもなく、毛の密度、ハリ、コシ、どれをとっても申し分ありません。
これまで使ってきた中で最高のブラシではあることは間違いありません。ですが、靴磨きの仕上がりに関しては、豚毛ブラシであれば、クリームを靴全体に行き渡らせるのが少し早くなる程度、山羊毛ブラシであれば仕上がりの艶がよりきめ細やかな感じが何となくする程度というのが正直な感想です。。
最高級のブラシを使っても、仕上がりが格段に良くなる訳ではないということがわかりました。

靴磨き用ブラシを手に入れてから変わったこと

それまで使っていたブラシは山羊毛ブラシがコロニルのファインポリッシュブラシ(3,000円)、豚毛ブラシがコロンブスのハリスブラシ(800円)でした。

特に不満があったわけではないのですが、江戸屋のブラシを手に入れるまでは、もっと良いブラシがあるのではないかと目新しい物が店頭に並んでいると必ず手に取って触ってみて良さそうなものは買う、やこれじゃない、を長い期間繰り返していました。

江戸屋のブラシを購入してからは店頭で新しいブラシを見ても買うことは勿論、手に取ることすらなくなりました。 ブラシだけでなくそれまであれこれ買いまくっていた靴クリームやワックスの類もほとんどと言っていいほど買わなくなりました。ブラシやクリーム、ワックスといった道具による仕上がりの差はほとんど無いということにようやく気付きました。

江戸屋のブラシの写真

江戸屋2

[写真上] 山羊毛ブラシ[写真下] 豚毛ブラシ

江戸屋3

[写真右] 山羊毛ブラシ[写真左] 豚毛ブラシ

江戸屋4

[写真] 山羊毛ブラシ

江戸屋5

[写真] 豚毛ブラシ

江戸屋の靴磨き用ブラシは本当に良いブラシだ

靴磨き職人でもなければ、靴磨き芸人でもない。ただ自分が履く数足の靴を磨くだけの為に10,000円もするブラシを使う。

長い間、憧れていた江戸屋のブラシを使って靴を磨くのはとても気分が良く、楽しい。 繰り返しますが、1年使い続けても毛が全く抜けない、反り返らない、ハリ、コシ、密度が1年使い続けてもちょうどいい。2年、3年その先もずっと使えそうな気がします。

道具としてこれ以上の物は無いだろうと。やあったとしても要らない。これでいい。そう思わせてくれた江戸屋のブラシは本当に良いブラシです。

皆さんにも機会があれば是非買って使ってみて下さい。
本当にオススメです。

11 / 26 , 2018
gotopagetop
09 / 09 , 2018  【maintenance
IMG_1180.png

3回目のトップリフト交換はTOPYで

チャーチコンサルを履き始めて3年強が経過しました。

Read more...

09 / 09 , 2018
gotopagetop
09 / 02 , 2018  【maintenance
20180901_5.png

オールドチーニーのレザーソールに穴が開いたのでTOPY社のハーフラバーを貼ってもらった。

購入から1年弱(10か月)、着用頻度は週に1回〜2回。履き心地極上。心配していたライニングの破れ等もまだありません。

がしかし、レザーソールに穴が開いてしまいました。

20180901_a.png

レザーソールでオールソールをと考えましたが、費用の関係でハーフラバーを貼ってもらうことに。
さらにいつも修理をお願いしているRESHではなく、費用が安いからという理由で近所の店でお願いしました。

合鍵やメダカの販売もやっている店なので少し心配でしたが、会社から近い&税込で2,000円という低価格に惹かれてお願いしてみることにしました。RESHでのハーフラバーの価格がで税込で2,376円なので400円弱安い。
から揚げ棒が3本買えます。

見た目の仕上がりは全く問題なし。ハーフラバーの素材はビブラム社ではなく「TOPY」というフランスのメーカーのそれでした。

20180901.png 20180901_1.png 20180902.png

初めて見た(聞いた)名前ですが、グリップ力はビブラム社製のものと比べて変わりありませんでした。
話によるとビブラムよりも耐久性が高いとのこと。

しばらく履いてみてレポートしたいと思います。

09 / 02 , 2018
gotopagetop
01 / 21 , 2018  【maintenance
20180114_9.png

ケルヒャー スチームクリーナーで革靴を部分洗い

年末年始休暇の恒例行事になっている靴の丸洗い。
今年の年末洗ったのはチャーチ コンサル。購入後、履き始めてから2年(週1回~2回着用)が経過しているのにも関わらず一度も洗っていませんでした。大変申し訳ございません。

2017年末時点のコンサル

20180114_1.png 20180114_2.png 20180114_3.png 20180114_4.png

写真は2017年の仕事納めを終えた後のコンサルです。
今回の丸洗いは例年の方法とは違う方法で行いました。

例年の方法

例年と違う方法とは、ケルヒャー スチームクリーナー(スチームクリーナー SC 1 クラシック)を使う方法です。 愛車のシートや天井他を綺麗に掃除するという後付けの理由で年末に衝動買いしたのですが、使っているうちに、これはもしかしたら靴にも使えるのではないか。そう思って使ってみました。

ケルヒャー スチームクリーナーとは

ケルヒャースチームクリーナーは、洗剤などの化学製品を使わずに水だけで家中の汚れをきれいにします。
また高温のスチームでバクテリアを99.99%除菌することができます。床、キッチン、浴室の清掃に最適。
さまざまな用途にお使いいただけます。

ケルヒャー - Kärcher公式サイト

それではケルヒャー スチームクリーナーを使っての靴の部分洗いの様子をご覧ください。

使用した道具

20180114_5.png
  • ケルヒャースチームクリーナー SC1 クラシック
  • タオル
  • ダイソー 馬油ハンドクリーム
  • イングリッシュギルド ビーズリッチクリーム
  • 各種ブラシ
  • プラスチック製シューキーパー

作業工程

  1. 靴紐を外し、プラスチック製シューキーパーを装着する
  2. スチームクリーナーのスチームをあてながらタオルで汚れを拭き取る
  3. シューキーパーを外して靴の内側にもスチームをあてながらタオルで汚れを拭き取る
  4. 木製シューキーパーを装着し、馬油ハンドクリームを塗る
  5. 馬油ハンドクリームを馴染ませる為にそのまま放置する
  6. 乾燥したら通常の靴の手入れをする

【作業工程1】靴紐を外し、プラスチック製シューキーパーを装着する

20180114_6.png

皺を伸ばし、皺の中の汚れを取り除くために気持ちきつめにプラスチック製のシューキーパーを入れます。

【作業工程2】スチームクリーナーのスチームをあてながらタオルで汚れを拭き取る

20180114_7.png

作業は浴室で行いました。

20180114_8.png

スチームをあてて汚れを浮かせてタオルで拭き取る。ひたすらこの作業を繰り返します。

20180114_13.png 20180114_9.png 20180114_10.png 20180114_11.png 20180114_12.png 20180114_14.png

本来であれば動画を載せたかったのですが、うまく撮れなかったのでこちらの動画をご覧ください。

この動画の要領で古くなって劣化したクリーム、ワックス類&汚れを取り除いていきました。

【作業工程3】シューキーパーを外して靴の内側にもスチームをあてながらタオルで汚れを拭き取る

IMG_059320180114_15.png

内側の汚れも取り除いていきます。

【作業工程3】終了後の写真

20180114_16.png

スチームクリーナーを使う作業が終わった直後の写真です。スチームをあてる都度、汚れを含んだ水分をタオルで吸い取っていたので丸洗いの時ほど水分を含んでいません。

【作業工程4】木製シューキーパーを装着し、馬油ハンドクリームを塗る

20180114_17.png

保湿&乾燥の工程です。 木製のシューツリーを装着して馬油ハンドクリームを塗ります。木製のシューツリーはコロニル製、馬油ハンドクリームはダイソー製です。内側にも塗りました。

【作業工程5】乾燥&馬油ハンドクリームを馴染ませる為にそのまま放置する

20180114_18.png 20180114_19.png 20180114_20.png 20180114_21.png

馬油ハンドクリームを馴染ませる為に放置します。 丸一日(24時間)放置しました。

【作業工程5】乾燥したら通常の靴の手入れをする

IMG_0651.png

通常の靴の手入れをします。
クリームはイングリッシュギルド ビーズリッチクリームを使いました。

全工程終了後

IMG_0660.png IMG_0661.png IMG_0659.png IMG_0663.png IMG_0658.png

ケルヒャー スチームクリーナーでの靴の丸洗い、大成功

ケルヒャー スチームクリーナーを使っての革靴の部分洗いは大成功でした。

高温(約100℃)のスチームは洗剤を使うことなく汚れを落とし、革を綺麗な状態にすることができました。さらに、お湯に数時間浸ける「丸洗い」だと、乾燥するまでに3日以上かかってしまいますが、今回のケルヒャースチームクリーナーを使った「部分洗い」では、1日あれば乾燥まで終わるので、土曜日に行えば月曜日には履くことができます。

さらにさらに、チャーチコンサルには現在ソールにラバー半貼りを施している為、お湯に数時間浸けてしまう「丸洗い」を行うとラバーが剥がれてしまう心配がありました。
スチームクリーナーを使うことで、底を避けて洗うことができたのでラバーが剥がれることはありませんでした。

ひとつだけ丸洗いをした時と比べてマイナスだったところを挙げると、皺が思ったほど伸びなかったという点。丸洗いとは違って革の内部まで水分が浸透させていない為かなと思いますが、よくわかりません(笑)

革靴をできるだけ長く綺麗な状態で履くために定期的に行っている「丸洗い」ですが、時間がかかるし正直めんどくさい。 これからは、比較的短時間(作業時間は30分程度)で簡単にできるケルヒャースチームクリーナーを使った「部分洗い」と併用していきたいと思います。

ケルヒャー スチームクリーナーをお持ちの方はぜひ試してみてください。(自己責任でお願いします。)

01 / 21 , 2018
gotopagetop
11 / 26 , 2017  【maintenance
KTルイストンコードバンベルト

【 写真 】 購入時のKTルイストン コードバンベルト

KTルイストンコードバン革ベルトの手入れ(色落ち→補色をDIYで)

購入から約1年半、週休二日で酷使した結果、本来の色の黒から所どころ茶色になってしまいました。
ベルトの穴の周辺と腰の辺りの色落ちが特に激しい。

ベルトの穴周辺の色落ち

20171125_2.png

腰の辺りの色落ち

20171125_3.png

購入時の記事

プライベート、いわゆる私服時に使うベルトであればいい感じのエイジングと捉えられるのかもしれませんが、このベルトは完全仕事用。色落ちして黒か茶色かわからないベルトをスーツに合わせるわけにはいきません。

そろそろ買い替えの時期かなあと思っていたのですが、サフィールのレノベイティングカラー補修クリームで直せるとの情報が。

上記のサイトを参考にしながら、補色(DIY)に挑戦してみました。
結論から申し上げますとサフィールのレノベイティングカラー補修クリームは一家に一本所有するべき本当に良い補修クリームでした。
「もっと早く出会いたかった。」というのが正直な感想です。

ベルトの補色に使用した物

20171125_4.png
  1. サフィール レノベイティング補修クリーム
  2. 布(使わなくなったハンカチ)
  3. 汚れ落とし(リグロイン)
  4. あかすりミトン(ザ・ダイソー)
  5. イングリッシュギルド ビーズリッチクリーム

手順

  1. 「汚れ落とし(リグロイン)」で表面の汚れや蝋分を落とす。
  2. 「レノベイティング補修クリーム」をベルトに塗っていく。
  3. 10分間乾燥させる。
  4. 布(使わなくなったハンカチ)でから拭きをする。
  5. 「 あかすりミトン 」でから拭きをする。
  6. 「 イングリッシュギルド ビーズリッチクリーム 」で艶を出す。

【手順1】「汚れ落とし(リグロイン)」で表面の汚れや蝋分を落とす

20171125_5.png

リグロインで表面の汚れや蝋分を落とした後

20171125_6.png

表面の汚れや蝋分を落として、より色が入りやすいようにと考え、リグロイン(汚れ落とし)を使用しました。

【手順2】「レノベイティング補修クリーム」ベルトに塗っていく。

20171125_7.png

レノベイティング補修クリームを使わなくなったハンカチに取り、ベルトに塗っていきます。
色が激しく落ちている部分だけでなく全体的に塗りました。

【手順3】10分間、乾燥させる

【手順4】布(使わなくなったハンカチ)でから拭きをする。

20171125_8.png 20171125_9.png 20171125_10乾拭きしても色が付かない

上の写真の通り、から拭きをしても全くと言っていい程、布に色が付きませんでした。

【手順4】あかすりミトン(ザ・ダイソー)でから拭きをする。

20171125_10.png

色移りを防ぐ目的で、布で「から拭き」をした後にさらに「 あかすりミトン 」で「から拭き」をしました。

【手順5】イングリッシュギルド ビーズリッチクリームで艶を出す

20171125_11.png

手順1~6完了後写真①

20171125_14.png

手順1~6完了後写真②

20171125_12.png

手順1~6完了後写真③

20171126_after.png

手順1~6完了後写真④

20171126_after2.png

【補色完了後】ビフォーアフター①|ベルト穴周辺部分

クロケット&ジョーンズ_beforeafter2

マウスポインターを写真にのせると補色前の写真に切り替わります。

写真をタップすると補色前の写真に切り替わります。

【補色完了後】ビフォーアフター②|腰周辺部分

クロケット&ジョーンズ_beforeafter2

マウスポインターを写真にのせると補色前の写真に切り替わります。

写真をタップすると補色前の写真に切り替わります。

20171125_1.png

サフィール レノベイティング補修クリームは本当に良い補修クリームだ

一連の写真を見ていただくとわかる通り、補色に関してはこれ以上ない程の出来。
早速次の日にベルトを着用しましたが、シャツ他への色移りはしませんでした。大成功です。
まだまだ仕事用のベルトとして使えそうです。

実は、サフィールのレノベイティング補修クリームの存在はかなり前から知っていたのですが、靴クリームと大して変わらないだろうと真剣に向き合ってきませんでした。今回ベルトの補色をしてみて、靴クリームの類とは全くことなる非常に使える補色クリームであることがわかりました。しっかりと補色が出来て、しかも色移りしないとなると、ベルトだけではなく、財布や手帳、名刺入れといった革小物全般に使えるということ。靴にも間違いなく使えます。

サフィールのレノベイティング補修クリームは、一家に一つ、色違いで持っておくべき非常に使えるクリームです。

楽天市場

Amazon

11 / 26 , 2017
gotopagetop
06 / 20 , 2017  【maintenance
20170528_6.png

梅雨時期の雨に濡れた後の靴の対策に珪藻土バスマットを購入しました。

皆さんは雨に濡れた後の靴ってどうしてます?

正直に申し上げますと、ワタクシは今まで何もしていませんでした。

や水分を大まかに拭き取ってシューツリーを入れるくらいのことはしていましたが、靴の底に関しては無頓着でした。

雨に濡れた革底の靴を脱ぎっ放しにして数日後、カビが生えていたなんてことも1度や2度ではありません。
雨の日用のゴム底の靴なら濡れてそのままにしていてもカビが生えることはないですが、それでも玄関に底が濡れたままの靴を放置しておくのは気持ちが良いものではないですよね。

珪藻土を使ったバスマットを購入

珪藻土の特徴

珪藻土は、規則正しく配列した無数の孔(0.1~0.2ミクロン)があることです。
そのため、吸放湿性能が高く、湿度が高い時は、水分を吸い、乾燥しているときには、水分を吐きだします。(呼吸をしているような感じです)
結露の解消や、湿気によるカビの発生も抑える効果があります。(シックハウス対策に有効です)
また、熱絶縁性が高く耐火性があり、科学的にも侵されにくい性質を持っているのです。

引用 : 珪藻土のページ

水分を吸い、結露の解消や、湿気によるカビの発生を防いでくれるという珪藻土の特徴を活かしたコースターやバスマットが発売されていて、人気があることは随分前から知っていました。

濡れ帰った直後の靴を珪藻土バスマットの上に置けばカビが発生しなくなるのではないか。
そう思いました。

20170528_5.png 20170528_4.png

購入したのは大阪府大阪市西区に本社があり、関西・関東地方を中心に・東海・中国・九州地方などに出店している大和ハウスグループのホームセンター 「 ロイヤルホームセンター 」。
価格は990円(税抜き)。

サイズは横40cm×縦30cmで2足置くことができます。

20170528_3.png 20170528_2.png 20170528_1.png

早速、玄関に置いてみました。

今年の梅雨はカビで悩まないで済みそうです。

06 / 20 , 2017
gotopagetop
04 / 16 , 2017  【maintenance
20170409.png

月に1度の革靴のメンテナンス

コンサルを購入、履き始めて約2年が経過しました。
週に1回~2回、月に4回〜8回程度履いています。

履いた後は主にブラッシングのみですが、1ヶ月に1度、4回〜8回履いた後には割としっかりとした手入れをしています。

そこで、今回はワタクシが1ヶ月に1度程度のペースで行う、「割としっかりとした手入れ」の様子をご覧いただければと思います。
なお、アドバイスやクレームがありましたら24時間、365日受け付けていますので、コメント欄からお願いします。

1. 紐を外す

20170409_2.png

靴の中や、タン、羽根の裏側も手入れできるように紐を外します。
外した紐を指で触って切れそうになっている部分がないかのチェックもします。切れそうになっていたら新しいものと交換しますが、この時は大丈夫でした。

2. 木製シューツリーを入れる

20170401手入れ前

シューツリーを入れます。
皺が伸びている状態で手入れできるように靴の奥までしっかりと押し込みます。

当然ですが、靴に合った形、サイズのシューツリーを選ぶ必要があります。チャーチコンサル(サイズ7h)には「 Collonil コロニル アロマティックシダーシュートゥリー(サイズM) 」がピッタリです。

注意:ここからは違いをわかりやすくする目的で左足のみ手入れしていきます。

3. 表面に付いた砂・泥・塵等を豚毛ブラシで落とす

20170401埃落とし

ほこりを落とすだけなら毛の柔らかい馬毛ブラシの方がよいのかも知れませんが、砂や泥、表面に付いた汚れを落とす目的で毛が硬めの豚毛ブラシを使っています。コバの部分や羽根の裏、タン、全体をしっかりとブラッシングします。

ここで使っている豚毛ブラシはかれこれ7~8年使っている、「 コロンブスのハリスブラシ 」です。
毛の密度が高く、しっかりとしたコシがあってとても使いやすい本当に良いブラシです。

4. 汚れ・劣化したクリーム等をクリーナーで落とす

20170401リムーバー

クリーナーを使って汚れと共にワックス、クリームも落とします。
クリーナーはリグロインを使っています。

布にリグロインを少量付けて軽く擦る感じで靴全体をすっぴん状態にしていきます。
リグロインをクリーナーに使うと革に悪そうに感じる方もいるかもしれません。

しかし、この靴だけでなく他の靴にも長い期間使っていますが、特に問題は起きていません。
強く擦りすぎると色が落ちたり、銀面が削れたりするのかもしれませんが優しく擦ればそのような事は起こりませんし、汚れと劣化したクリーム・ワックスをキッチリ落とすことができます。
(※使用の際は自己責任でお願いします。)

リグロインはハンドラップに入れ替えて使っています。
アズワンのハンドラップは揮発性の高い液体を入れても揮発を防ぐことができます。一度に付ける量を調節できるので非常に便利です。

4-2. リグロイン使用後

20170401リムーバー後2

写真右(左足):リグロイン使用後

リグロイン使用後、少し白っぽくなっています。
ワックスやクリームの成分が残っていない、すっぴん状態です。

すっぴん状態になった事を確認して次の工程に移ります。

5. 馬油ハンドクリームを塗る

20170401馬油

[写真]ザ・ダイソー馬油ハンドクリーム

20170401馬油

[写真]ダイソーのペネトレイトブラシと馬油ハンドクリーム

ザ・ダイソーの馬油ハンドクリームをザ・ダイソーのペネトレイトブラシを使って塗っていきます。
保革目的(ひび割れ防止)で色んなメーカーのデリケートクリーム他を使ってきましたが、このダイソーの馬油ハンドクリームが一番使いやすいです。価格(100円税抜き)のこともありますが、それを抜きにして保革効果だけを考えても群を抜いています。
写真の通り片足で小豆2粒分くらいの量を塗り込みます。

馬油ハンドクリームを塗る為の専用のペネトレイトブラシを用意しています。

毎回ではありませんが、靴の内側の擦れる部分、踵や小指が当たる部分にも塗ります。

5-2. 馬油ハンドクリームを塗った直後

20170401馬油後

[写真右(左足)]馬油ハンドクリームを塗った直後

馬油ハンドクリームを塗った直後の写真です。
この後しばらく放置します。その時によって変わりますが、この日は丸一日、24時間放置しました。ある程度の時間を空けないと水分が多い為なのか磨きの工程で艶が出ません。

6. 馬油ハンドクリームを塗った24時間後

①20170402馬油24時間後

写真:右(左足)馬油ハンドクリームを塗った24時間後

見た目は変わりませんが、24時間後です。

7. あかすりミトンで馬油ハンドクリームを拭き取る

②20170402あかすり

[写真]ザ・ダイソーのあかすりミトン

ザ・ダイソーのあかすりミトンで表面に残った余分な馬油クリームを拭き取ります。

7-2. あかすりミトンで馬油ハンドクリームを拭き取る

③20170402あかすり

ここで手を抜くと磨きの工程で艶がでないのでしっかりと拭き取ります。

7-3. あかすりミトンで馬油ハンドクリームを拭き取った後

④20170402あかすり後

[写真]左(右足)あかすりミトンで馬油ハンドクリームを拭き取った後

馬油ハンドクリームは保革(ひび割れ防止)目的で、艶は全く出ませんがしっとり、しっとり&もっちりとしています。

8. 靴クリーム(シュークリーム)を塗る

⑤20170402クリーム

靴クリームを塗っていきます。
使うのはイングリッシュギルド ビーズリッチクリーム。これ以外の靴クリームは持っていません。と言うより必要無いので捨てました。それぐらい群を抜いています。

ブラックとナチュラルの二色をその時の気分によって選んで使っています。通常はナチュラル(無色)を使いますが、より黒くしたい時にブラックを使います。この日はナチュラル(無色)を使いました。

8-2. 靴クリーム(シュークリーム)を塗る

⑥20170402ペネトレイトブラシ

ペネトレイトブラシでイングリッシュギルド ビーズリッチクリームを塗っていきます。
写真は片足分です。馬油ハンドクリームを塗った時のとは別の、靴クリーム(シュークリーム)を塗る為の専用のペネトレイトブラシを用意しています。皺の部分、コバの部分、全体に丁寧に塗り込んでいきます。

9. 豚毛ブラシでクリームを馴染ませる

⑧20170402豚毛ブラシ_2

ペネトレイトブラシでしっかりと靴クリームを馴染ませた後、時間を置かずに豚毛ブラシを使ってさらに馴染ませていきます。手順3で使用した豚毛ブラシとは別のブラシを使います。因みに最近手に入れた、江戸屋の豚毛ブラシです。まだ使い始めたばかりなのですが、さすがの使い心地です。後日レポートします。

10. あかすりミトンで余分なクリームを拭き取る

③20170402あかすり

あかすりミトンで余分なクリームを拭き取ります。
馬油ハンドクリームを拭き取る時に使ったものとは別の物を使います。余分なクリームをしっかりと拭き取ることでより艶が出るだけでなく、外で履いた時に埃や砂が付着し難くなります。

これで一通りの手入れは完了です。

【写真】手入れBefore After

⑨20170402クリーム後_2

[写真左(右足)]Before(未手入れ)|[写真右(左足)]After(手入れ後)

【写真】手入れBefore After②

⑩20170402クリーム後

[写真左(右足)]Before(未手入れ)|[写真右(左足)]After(手入れ後)

【写真】手入れ前

⑬20170402アッパーケア後_右足

[写真(右足)]手入れ前

【写真】手入れ後

⑭20170402アッパーケア後_左足

[写真(左足)]手入れ後

最後の仕上げに最近どハマリしている鏡面磨きをします。

11. ワックスと水を使って爪先に鏡面磨きを施す

⑮20170402鏡面道具

[写真]鏡面磨きに必要な道具

【鏡面磨きに使う道具】

  • サフィールノワール ミラーグロス
  • 布(Tシャツの切れ端等)

鏡面磨きの手順についてはこちらをご覧ください。

11-2. ワックスと水を使って爪先に鏡面磨きを施す

⑰20170402鏡面後

[写真左(右足)]鏡面磨き施工後

鏡面磨きと言っても写真の通り、顔が写り込むレベルまでは程遠いレベルですが、好みの問題でこの程度にしています。

12. 山羊毛ブラシで全体をブラッシングして艶を出す

⑱レデッカー山羊毛ブラシ

[写真]レデッカーの山羊毛ブラシ

12-2. 山羊毛ブラシで全体をブラッシングして艶を出す

⑲20170402レデッカー山羊毛ブラシ_2

鏡面磨きを施したつま先だけでなく、全体をブラッシングします。
使い込んだ山羊毛ブラシを使うと、靴全体が濡れたような艶に包まれます。

12-3. 山羊毛ブラシで全体をブラッシングして艶を出した後

⑳20170402完了後1

[写真右側(左足)]手入れ後

12-4. 山羊毛ブラシで全体をブラッシングして艶を出した後

㉑20170402完了後2

[写真左側(左足)]手入れ後

今回はしませんでしたが、時間がある時や気分が乗っている時などは踵にも鏡面磨きを施します。
コバの部分にも靴クリームを塗っているので、手入れ前(写真右側:右足)と比べると綺麗になっています。

13. 靴紐を通して完了

20170402最後

両足とも手順1~13を終えた後

両足磨いて靴紐を装着して完了です。
作業時間は片足15分〜20分くらい(馬油ハンドクリームを馴染ませる為の放置期間除く)です。

この他に 不運にも雨に振られた場合には革底(レザーソール)にオイルを塗ったり、コバが荒れてきた時には紙やすりで薄っすら削ってコバインクを塗ったりすることもありますが、月1のルーティーンとしては上記手順1〜13だけです。 革はとても良い状態を保っています。

これからも、ガンガン使い倒したいと思います。

アドバイスやクレームがありましたら24時間、365日受け付けていますので、コメント欄からお願いします。

04 / 16 , 2017
gotopagetop
02 / 12 , 2017  【maintenance
ハンドラップ20170212

鏡面磨き用のアズワンのハンドラップ

前回のブログでもお知らせしましたが、ここのところ鏡面磨きにどハマりしており。

時間がかかって仕方がない鏡面磨きをサフィールノワールのミラーグロスを使うことで格段にスピードUP。
がしかしただひとつ問題が。

靴バカの皆さんはご存知のことと思いますが、鏡面磨きをする際、ワックスの他に水を使います。
ワタクシはこれまでワックスの缶の蓋に水を入れて使っていましたが。

ワックスの蓋を持って靴磨きをする場所である玄関から水道のある洗面所へ移動

蛇口をひねって蓋に水を入れる

再び玄関へ戻って(鏡面磨きの)作業開始

(鏡面磨きの)作業終了後、残った水を捨てる為にまた洗面所へ。

これが意外とめんどくさい。

ハンドラップ20170212_2

ASONE(アズワン)のハンドラップを購入

購入したのはハンドラップ。
靴バカの皆さんなら一度は見たことがあるのではないかと思います。

上の皿の部分を押すと瓶の中の液体(水)が出てきます。蓋が付いているので作業終了後は蓋をしてそのまま下駄箱(シューケア用品の収納場所)で問題ありません。

水を準備(片付け)する為に洗面所と玄関の往復が必要がなくなったこともありますが、ちょうどよい量の水が出てくるので、鏡面磨きの作業が非常に捗ります。もっと早く買えばよかったと後悔しています。

揮発性の高い液体を入れても揮発を防ぐことができるそうなので、汚れ落としとして使っているリグロインを入れる用にもう一つ購入しようと思っています。

02 / 12 , 2017
gotopagetop
01 / 15 , 2017  【maintenance
ミラーグロス

なぜワタクシは鏡面磨き(ハイシャイン)をしないのか

靴のつま先、かかとの部分を、(鏡のように)顔が写りこむくらいにピカピカに磨く手入れ=鏡面磨き(鏡面仕上げ、ハイシャイン、ポリッシュ、ハイシャインポリッシュ)。

ワタクシは普段、この鏡面磨きを革靴に施すことはほとんどありません。

なぜか。

鏡面磨きはとにかく時間がかかる

その理由を幾つか挙げることができますが、その中でもっとも大きな理由が「時間がかかる」ということ。

や以前はしていました。
「鏡面磨きをしていないと靴の手入れをしていないのと同じ」だとでも言わんばかりに。

革靴の手入れに凝り始めて最初に取り組んだのが、鏡面仕上げでした。
ピカピカに磨き込まれたつま先と踵の靴を見て、「やこれ、自分の靴でやりたい。」と。革靴の手入れに興味を持ち始めたキッカケ=鏡面磨きといっても言い過ぎではありません。やり始めた頃は何時間もかけてやっていましたが、コツのようなものを掴んでからは格段に時間はかかからなくなりました。それでもやっぱり片足15分程度はかかります。

靴磨きは日課であるからこそ時間をかけたくない

靴の手入れは日課であり、嫌いじゃない、やむしろ好きですが、日課であるが故にそんなに長い時間をかけるワケにはいかない。さらに30分もゴシゴシしていたら、真夏の時期はもちろん、そうで無い時も汗っかきのワタクシは汗ビッチョリになってしまいます。

徐々に鏡面磨きをする回数が少なくなり。
結果、最近では鏡面磨きをするのは年に数回の、ちょっとしたパーティーの時等、特別な日や気合を入れる必要がある時だけです。

鏡面磨き専用ワックス サフィールノワール ミラーグロス、とな?

そんなワタクシのもとにあのサフィールから新しいワックスが出たとの情報が入ったのは、無事仕事納めを終えた年末のとある日でした。
商品名は「ミラーグロス」。なんでも鏡面磨き専用ワックスとのこと。

ツイッター、インスタグラムで「ミラーグロス」の評判を覗いてみると、どれも、これまでのワックスと比べてかなり光らせやすい、使いやすいとの内容ばかり。

しかし、昨年シューケア用品の断捨離を行ったばかりであり、そう簡単に買うワケにはいきません。

ミラーグロス

シューケア用品、また買っちゃいました。

や買ってしまいました。
サフィールノワール ミラーグロス(黒)。

これまでは、年に数回の鏡面磨きをする際、サフィールノワールのビーズワックスポリッシュを使っていました。
鏡面磨きは時間がかかるものだと思っているのでどのワックスを使っても大差はないだろう。そう思っていました。

サフィールノワール ミラーグロスを使うまでは。

サフィールノワール ミラーグロス

ミラーグロス2

[ 写真 ] サフィールノワール ミラーグロス

ミラーグロス3

[ 写真 ] 革靴鏡面磨き専用ワックス サフィールノワール ミラーグロス

サフィールノワール ビーズワックスポリッシュ

ノワールワックス

[ 写真 ] サフィールノワール ビーズワックスポリッシュ

ノワールワックス2

[ 写真 ] 革靴専用 サフィールノワール ビーズワックスポリッシュ

ミラーグロス_ノワールワックス

[ 写真左 ] ビーズワックスポリッシュ|[ 写真右 ] ミラーグロス

ビーズワックスポリッシュが50mlなのに対して、ミラーグロスは75mlと容量1.5倍になっています。

サフィールノワール ミラーグロスを使った感想

早速、鏡面磨きをするのに使ってみたのですが、使い始めて数十秒でこれまでのワックスとは違う。そう確信しました。
そして5分後には鏡面磨き完成(片足、つま先のみ)。

数年前始めた当初は一日数時間、何日かかってもできなかった鏡面磨き。
途中で諦めた人も多くいると思います。サフィールノワール「ミラーグロス」ならおそらく誰でも簡単に鏡面磨きができると思います。

以下の写真は、右足(写真左側)だけ鏡面磨きをしたものです。いずれも所要時間は5分程度。

クロケット&ジョーンズ コノート

鏡面磨き201701

[ 写真左 ]鏡面磨き施工後|[ 写真右 ] 鏡面磨き未施工

パラブーツ シャンボード

鏡面磨き201701_2

[ 写真左 ]鏡面磨き施工後|[ 写真右 ] 鏡面磨き未施工

宮城興業 コードバンストレートチップ

鏡面磨き201701_3

[ 写真左 ]鏡面磨き施工後|[ 写真右 ] 鏡面磨き未施工

ミラーグロスを使えば両足(つま先のみ)10分で鏡面磨き完成

ミラーグロスのおかげで、30分以上かかっていた鏡面磨きが、両足10分(片足5分)と短時間でできるようになりました。
やっぱり爪先と踵はピカピカな方が気持ちが良い。これからしばらくは鏡面磨きをした靴を履く期間が続きそうです。

01 / 15 , 2017
gotopagetop

© SLOG ALL RIGHTS RESERVED.