SLOG   This site is not for commerce
rss
CALENDER.
<<  2013/10 >>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
SEARCH.
RECENT POSTS.
  • 全記事一覧
CATEGORIES.
RECENT COMMENTS.
MONTHLY ARCHIVES.
WEB MASTER’S PROFILE.

Name:S
■Start:2012.10~
■Monthly PV:200K
■Monthly UU:68K
■Visitors/day:2.5K
Twitter:@snnkknns
Mail:snonikki#gmail.com
(#→@ )

10 / 04 , 2013  【Unclassified
yun_5926.jpg

Photo by (c)Tomo.Yun

ProducerはCosumerであってほしい。

度々取り上げさせていただいている某ジーンズブランドのデザイナー(以下:巨匠)。
現在展開しているブランドの前にも自身が主となるジーンズブランドを展開していたそうだ。その前ブランドを展開していた頃、巨匠は自身が生産したジーンズを穿かないと豪語し、頑なにリーバイスのジーンズを穿いていたという。
容易に手に入れることができなくなったヴィンテージのリーバイスを最高の形とし、それを再現して販売。自らはリーバイスを穿く。ある程度ジーンズにこだわりを持った人をターゲットにしているのにも関わらずデザイナー自らが穿かないことを宣言している物を販売していたとなると「消費者ナメてんの?」と思った人も多いのではないだろうか。その後そのブランドがどうなったかというのはまた別の話。

現在展開しているブランドではリーバイスを元ネタとしていることは間違いなさそうだが、逆に自身のデザインするジーンズ以外を穿いているのを見ることがない程着用している。ジーンズ作って25年の巨匠自らが手がけ、毎日穿いているジーンズ。前ブランドの絡みもあり、もしかしたらリーバイスを超えているのか?と思わせるてくれる。買ってはいないが、当然、気になるし欲しくもなる。

話しは変わって日に2度の更新を欠かさないカリスマブロガー(以下:カリスマ)。

プロの消費者を名乗っていたと思えば現在は「プロシューマー(自称)」が付け加えられている。
プロシューマーとはいったい何なのか。

プロシューマー

consumer(消費者)とproducer(生産者)を組み合わせた造語で、製品の企画・開発に携わる消費者という意味。未来学者のアルビン・トフラー氏が著書『第三の波』で予見した新しいスタイルの消費者。多様化した消費者のニーズに応えるために、企業が消費者の意見を直接取り入れる形で、消費者が商品の企画・開発に関わるようになってきている。

引用:kotobank.jp

別のサイトでは

プロシューマー

自分が欲しいと思う物を自ら発案して商品化したり、メーカーに働きかけていく進んだ賢い消費者のことを指す。

引用:知っておきたいIT経営用語

とこのように説明している。

現在、増えてきていると言われるプロシューマーにどのような人がいるのか知らないが、ワタクシから見てカリスマは賢い消費者には見えない。「これ、買いましたブログ」や単なる「お買い物ブロガー」と差別化をはかった結果プロシューマーのような道を選んでいるのではないか。
選んでいるとは言っても有名メーカーに自分の意見を取り入れてもらえることなど誰もができるわけではない。さすがはカリスマ。メーカーは必死で自社商品の知名度を高めようと、売り上げを伸ばそうと必死。メーカー側がプロシューマーとしてコラボ相手にカリスマを選んだのかはわからないが、その選択が正しかったのかというのは第2段があるかどうかでわかるのではないだろうか。

毎日2度更新されているブログに登場するのは専らオールデンやその他の靴。
自らの意見が入って誕生したはずのコラボ靴が登場したのは販売期間中だけ。シュークローク内のオブジェと化しているのか。ブログで取り上げられない程度の仕上がりの靴なのか。明らかにネタ切れだろうと思うような内容のブログが更新されることはあってもコラボ靴のその後が登場することはない。もしかすると自分で消費してないのではと思ってしまう。それとも大人の事情があってのことなのか。

メーカー側がプロシューマーとしてカリスマとコラボしたのではれば、「消費者ナメてんの?」だけではなく「メーカーナメてんの?」となってしまわないんだろうか。そんな靴がその後どうなっているのか気にはなるものの、当然欲しくはならない。

買っても履かないなんて当たり前。靴好きなんてそんなもんだよと言われたら何も言い返せませんが(笑)。

みなさんはどう思いますか?

10 / 04 , 2013
gotopagetop
10 / 03 , 2013  【LVC Hakikomi
PA022221.jpg

表向きで乾燥機50分でボタンフライにもアタリ

リゾルトのボタンフライ部分の色落ちに憧れてスプレー式の洗濯糊を使用して強制的に色落ちさせようと試みた( Levi's® LVC 50155-0116穿き込み 19 )が結局うまくいっていなかった。
ややゆったりめなサイズをチョイスしていることに加えて、いわゆる男シンボルであるモノのサイズ、ワタクシのソレのサイズが小振りであるために無理なんだろうと諦めていた。

同じくリゾルトのセルビッジ部分に憧れて「表向き乾燥機50分」を行ったところ(Levi's® LVC 50155-0116穿き込み 25)、ボランフライ部分にアタリがつくという意外な結果となった。

PA022218.jpg PA022215.jpg PA022217.jpg

「たかがジーパンや!」簡単に言っているように聞こえるが、深い、や本当に深いなぁ。そう思いながらコインランドリーを後にした。

続き 『 Levi's® LVC 50155-0116穿き込み 28 』 を読む >

10 / 03 , 2013
gotopagetop
10 / 02 , 2013  【Unclassified
サタデーズサーフニューヨーク

購入のきっかけはカリスマジーンズデザイナー

流行のネイビーとサックスブルーのコントラストが美しいサタデーズサーフニューヨークのボーダーTシャツ。
某ジーンズブランドのデザイナーがかっこよく着ていたのを見たのが購入のきっかけ。

実はMade in China

サタデーズサーフニューヨーク。ニューヨークでとはいかなくてもMade in USAは当然だと思い込んでいた。商品説明の欄には「Made in China」としっかりと書いてあったのに見落としていた。
生きた乳酸菌が入ったアイスを食べて、ただのヨーグルト味のアイスだった時と同じくらいの「やられた感」があった。

タグ付けの糸がほつれて飛び出ているのもMade in USAならさすがはアメリカ大雑把だなぁ。まぁこんなところも・・・。なんてマイナスどころかプラスの印象すら持ってしまう可能性があるが、Made in Chinaとなるとマイナスでしかない。

サタデーズサーフニューヨーク1 サタデーズサーフニューヨーク2

購入前にMade in Chinaに気付いていたら恐らく買っていない。
しかし、タグ付けの糸以外で「Made in China」を感じることはなく、色も綺麗で、サーフブランドらしく薄手でありながらもしっかりとした生地。そして某ジーンズブランドデザイナーが選ぶだけあって「シュっ」としたシルエット。着用した感じも非常にいい感じで気に入っている。ただのヨーグルト味でもそこにはしっかりと生きた乳酸菌が入っているアイス。Made in Chinaでも洗練されたデザインにサーフブランドらしく薄手のしっかりとした生地を使ったボーダーTシャツ。

手にとって見て、試着できるところで買えばいいだけの話なんですけどね。
我ながら呆れてますが、こればっかりはしょうがないと諦めています。

みなさんはどう思いますか?

10 / 02 , 2013
gotopagetop
10 / 01 , 2013  【Unclassified
10月10日はトートの日

L.L.Bean,Inc.

10月10日はトートの日

L.L.Beanのトートバッグと言えばオープントップのキャンバスタイプだろうと決め付けていたワタクシ。
久しぶりにサイトを覗いて、すぐに後悔したんですよね。「そんなことないじゃん」って。

オールレザーのソレやオープントップタイプで本体部分がキャンバス、ハンドル部分がレザーになっているタイプ。キルティング、ワックスキャンバス素材のものまでありました。

トートバッグ全品10%OFFキャンペーンは10/11(金) AM10:00まで【ストアは10/14(月)まで】

L.L.Beanオンラインショップ

10 / 01 , 2013
gotopagetop

© SLOG ALL RIGHTS RESERVED.