SLOG   This site is not for commerce
rss
CALENDER.
<<  2013/10 >>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
SEARCH.
CATEGORIES.
RECENT COMMENTS.
MONTHLY ARCHIVES.
10 / 31 , 2013  【Unclassified
LVC501

なぜワタクシはLevi's®を買ったのか。

先日、Twitter上でこう聞かれました。

「リーバイスの魅力ってなんですか?」

リーバイスリーバイスと喚いて(わめいて)いるワタクシを見て、不思議に思ったのかイラついたのか。

正直、戸惑いました。140文字では伝えきれない・・・。や自分でもよくわかっていないんですよね。

「リーバイスを選んだ理由、そう言えばなんなのかなあ」と。

今の時代、リーバイス以外を選ぶ人の方が圧倒的に多く、数千円で買うことができるジーンズ、リーバイスよりもシルエットも豊富で色落ちも良いとされているジーンズ、その選択肢はごまんとある。

リーバイス以外のジーンズにも興味はあるんですよ。

むしろ毎日チェックしているブログやSNS等の写真の主はリーバイス以外を穿いている人がほとんど。

リーバイスを穿いている人はほとんどいない。

LVC(Levi's Vintage Clothing®)を買う前に考えました。人生最後の1本にデッドストックのヴィンテージのリーバイスを買って育てていこうかと。

でもすぐ気付いたんですよね。「そんなところにお金かけてる余裕、ないじゃん」って。

低価格で色落ちもいいレプリカが山程あり、リーバイスの復刻物の評判が良くないことは知っていました。

そうなった時に、ワタクシが求めているのは“リーバイス以外のジーンズ”なんじゃないかと。

実際に買う前に“候補に挙がったリスト”には

リーバイスのパロディを作るブランド、所謂レプリカブランドで言えばフルカウント、ウェアハウスからリゾルトまで。

さらにここにユニクロや無印の低価格帯ジーンズ、

A.P.C.等のデザイナーズブランドに無名の職人さんが作るプロダクトまでが加わりました。

このリストの中から欲しいモノを買おうと。

リーバイス以外でとなると、どれもこれもワタクシの中ではフラットでした。

ところが、これまである意味何でも“イイネ”ボタンを押してしまっていたはずのワタクシが、いざジーンズを買うぞとなった時に

イイネと思っていたハズのジーンズを買うことはなく、やっぱりリーバイスでとなってしまった。

「リーバイスみたいな縦落ちだなあ」というリーバイス風オリジナル(パロディ)ジーンズや、

「リーバイスみたいなステッチだなあ」というリーバイス風オリジナル(パロディ)ジーンズは自分が穿くとなると、やっぱり興味が湧かない。

(個人の趣味にケチをつける気は毛頭ありませんのでご了承ください)

バックポケットのステッチが好き。赤タブが好き。というのもあります。

現代の技術を以てしても、どのブランドも、リーバイスですら再現しきれていない偶然の産物であると言われているヴィンテージの色落ちにも憧れる。

で最新版のLVCの色落ちはどうなのかと結局リーバイスを購入したというわけなんですよ。

ま穿きこなすことができずに部屋でしか穿いていないんですけどね(半泣)。

「この色落ちどうよ」というリーバイスのジーンズをお持ちであれば、『 I Love Levi's® トップページ 』をご覧ください。

是非よろしくお願いいたします。

10 / 31 , 2013
gotopagetop
10 / 29 , 2013  【Unclassified
yun_free20131029.png

Photo by (c)Tomo.Yun

ランスフォック購入=アザラシ捕獲

最近、ある人気ブロガーのランスフォック購入記事のタイトルが「アザラシ捕獲」と表現されているのを見て。

ミカエルフォックの生産終了を過去に散々取り上げてきたこのブログですが、最近多くのショップで入荷があったようで、購入したよと写真つきのメールをいただきました。あるセレクトショップ経由の情報だと今回の入荷が最後だとか。未だ真相は不明ですが、EU圏内のアザラシ製品の流通の禁止に関係がありそうです。

調べていくうちに、カナダで行われているアザラシの捕獲映像が掲載されているサイトに行きつきました。4分弱の映像でしたが、最後まで見ることが出来ないほど残酷なものでした。アザラシ製品がどうのではなく、自分の身の回りの物がどういう過程を経て製品、商品となってやってくるのかをしばらくの間、考えることすら忘れておりました。

SPACE ALC | 製品と商品の違い

みなさんはどうですか?

10 / 29 , 2013
gotopagetop
10 / 23 , 2013  【LVC Hakikomi
PA232273.png

洗濯糊の原液をジーパンに塗ってリジッドに近い状態に戻してから穿いてアタリをつける

を見た後、ポパール洗濯糊という三和油脂工業株式会社の洗濯のりを使って原液で糊付けをし、穿き続けていた。

PA232276.png PA232274.png PA232275.png

未だ部屋着としてしか着用していないが、写真の通り、かなり良い感じに皺が入っている。
セルビッジ部分に直接塗ってからの乾燥機50分の威力は圧巻だった。色落ちまではしていないが、このまま穿き続ければ、いずれ綺麗なヒゲやアタリが付くだろう。そう思っていた。

しかし、ある日、バックポケット付近を見て所々テカっている箇所があることに気付いた。
色落ちしていない部分なのに白く、反射している(写真1枚目中央部)。ナイロンやポリエステルが混入したスーツが摩擦で同じような状態になったことを思い出した。摩擦が多い部分とはいえ、綿100%のはずのデニムがこんなに簡単にテカるとはどういうことか。
思い当たるのは洗濯糊くらいしかない。

洗濯糊の品質表示を見ると、品名こそ『洗濯のり』と書いてあったが、成分はポリビニールアルコール。調べてみると洗濯糊には大きく分けて天然糊と化学糊に分けられるらしい。

ポパール洗濯糊は完全な化学糊。テカるだけならまだいいが、色落ちに悪影響を及ぼすのではないか。ヒゲ、ハチノスが入ってセルビッジがブリンブリンであればそれでいいわけではない。そう思ったワタクシはすぐに近所のホームセンターへ行き、小麦澱粉とコーンスターチが成分の天然糊、『株式会社永久糊』の洗濯糊を購入した。

PA232271.png

天然糊の特徴として、ハリが強くシャキッと仕上がるというメリットがあるが、天然成分だけあって変質しやすいというデメリットがあるらしい。
レプリカデニムがヴィンテージのデニムの黒みを帯びたような青色にならないのはひょっとすると糊の成分とも関係があるのではないか。何十年も前に化学糊を使っていたとは考えにくい。天然糊の変質しやすいというデメリットがもしかしたら…。そんなことを思いながらまた洗濯をすることを決意した。

みなさんはどう思いますか?

続き 『 Levi's® LVC 50155-0116穿き込み 30 』 を読む >

10 / 23 , 2013
gotopagetop
10 / 22 , 2013  【I Love Levi's®
Levi's® 505-0217 ORIGINAL 66 SINGLE

Levi's® 505-0217 オリジナル 66 シングル


久々に投稿いただきました。pinkdさんからの投稿です。

1995年にパチンコで6万円勝って、その勢いで原宿の古着屋で購入されたという505-0217。
I Love Levi's® 初のオリジナルモデルの投稿です。

綺麗な縦落ちをしており、ポケット裏がシングルステッチなので66前期かと思いましたが、投稿者であるpinkdさん曰く66後期ではないかとのこと。505は501と違い、80年代以前の物でも赤耳のものがあったり、BIGEであっても脇割りの物があったりと、判別が難しいようです。

リゾルトでいうとLot.712。防縮加工がしてありねじれもないテーパードストレート。シュッとしていますね。
洗濯は、ぬるま湯に漬け置き30分の後、少し糊浸けをするのだそうです。
ワタクシ個人的な意見としては、セルビッジが開いた状態で色落ちしていないのが残念なところですが、20年近く愛用されているだけあって全体的なオーラは凄まじいものがあります。

ディテールと他の写真は下記URLから見ることができます。
https://feces-record.com/content_ill4.php

pinkdさんありがとうございました。

I Love Levi's®の投稿は、『 I Love Levi's® トップページ 』 からお願いします。

< Vol.3
10 / 22 , 2013
gotopagetop
10 / 19 , 2013  【LVC Hakikomi
LVC50155-0116

乾燥機に入れる度に浮き出てくるセルビッジのアタリ

表向きで乾燥機にかけることで各所のアタリが出ることがわかってしまってからというもの、穿いてもいないのに洗濯、乾燥機表向き50分を3回立て続けにをやってしまった。

乾燥機50分を1回、2回と重ねていく度にクッキリと波打つように浮かび上がってくるセルビッジ。
3回目は洗濯糊の原液をセルビッジだけに塗って乾燥機へ。するとさらに変化の度合いが増している。「もっともっと」とワタクシのセルビッジ部分のアタリへの欲求がエスカレートしてくる。それはまるで麻薬のようでした。歯止めが効かなくなるのが恐くなったんです。毎週のように洗濯し、乾燥機に入れ、どんどん青く、薄い色になっていっている他のレプリカ所有者のSNSの写真を思い出し、4回目に突入する前に思いとどまることができた。
乾燥機50分を3回、計150分で乾燥機中毒から抜け出すことができた。

続き 『Levi's® LVC 50155-0116穿き込み 29』 を読む >

10 / 19 , 2013
gotopagetop
10 / 14 , 2013  【Shoes
パラブーツ シャンボード

大人気のパラブーツは本当に良い靴なのか?

今や雑誌を見てもSNSを見てもパラブーツだらけ(特にシャンボード )。街を歩けば少なくとも30分に1回はパラブーツユーザーとすれ違います。もはや定番ブランドと言っても良いのかもしれません。

パラブーツはフランスのメーカーで、企業理念は「Invest in your walk=価値のある歩き」。
日本では株式会社アール・ピー・ジェー(RPJ=リシャール・ポンヴェール・ジャパン)が展開、直営店は東京(青山、銀座)、大阪(南船場)、北海道(札幌)の4店舗。

しかし、そんな人気のパラブーツは、本当に良い靴なのでしょうか?
今日はそんな疑問をワタクシ自身2足所有している、パラブーツの代表モデルの「シャンボード」で解析してみたいと思います。

Read more...

10 / 14 , 2013
gotopagetop
10 / 08 , 2013  【Unclassified

しばらくの間待っていた。しかし一向にアレがネタとしてあがってこない。
ここ数ヶ月、決まった頃に取り上げては絶賛していた本。その月も語ってくれるのを待っていた。正確な発売日を把握していなかったが、そろそろだろう。しかし待てど暮らせどあがってこない。アレが。

POPEYE 9月号[買ったモノ]

ファッションがテーマではないのか?もしかしたら休刊なのか?
そう思って書店に行ってみるとPOPEYE 9月号は発売されていた。テーマは「チープ・シックを知ってるかい?」。何のことかさっぱりわからなかったがファッションがテーマであることはすぐにわかった。
カリスマは確実なPOPEYE中毒者だったはず。なぜ取り上げなかったんだろう。パラパラと立ち読みしただけだったが、本の中身よりその理由の方が気になって購入することにした。

「Cheap Chic」はあらゆるジャンルのファッションの楽しみ方、着こなし方のヒントがこれでもかってくらい入ってる(引用: マガジンハウス POPEYE 2013年9月号)、今から40年近くも前にアメリカで刊行された本。
詳しい内容は『 ファッションブランド通信 』をご覧ください。

著者、翻訳者が語る「チープシック」のコンセプト

1、長い間着られるクラシッククオリティ(定番スタイル)をみつけること。カラフルはそれから。

2、シンプルさ、実用性、クリエイティブさ、健康的な体、ファッションに振り回されない自立性をもつ。

3、今持っている服や、いつかは買いたいと思っている靴などに合うものだけ買うこと。

引用:ファッションブランド通信

そのチープシックをテーマにしたPOPEYE 9月号。ワタクシが雑誌を買う時に考えることは、しばらくして再度読み返したくなる物かどうかという点。週刊誌やペラペラな新作の紹介ばかりのカタログのようなものは買わない。勢いで買ってしまったこのPOPEYE9月号だったが、間違いなく読み返したくなるソレだった。

物を選ぶ基準=定価、ブランド志向。ここ最近ではあらゆる既製品に満足できないプロシューマーというスタイルを採っているカリスマからすれば「くさいものにふた」、中毒とまで言い放ったかと思えば何事も無かったかのようにスルー。その場しのぎのチープな形容詞で塗り固めることが得意な、決してシックではないカリスマらしい選択だと思った。

数ヶ月、や数年、あるいはもっと後かもしれないが、チープシック的なことを熱く語り始めるカリスマを想像してしまうのはワタクシだけなのでしょうか。

みなさんはどう思いますか?


10 / 08 , 2013
gotopagetop
10 / 05 , 2013  【LVC Hakikomi
47501のシルエット

47501はヴィンテージオリジナルモデルとは異なるシルエット

デブでもチビでも短足でも、だれでもカッコ良くみえるといわれている魔法のシルエットを持つといわれているモデル。世の中でシルエットが美しいといわれている人気ブランドのジーンズのほとんどは、このモデルを参考にしてつくられているらしい。

(引用:株式会社マガジンハウス POPEYE 2013年9月号

雑誌 POPEYE 2013年9月号でのLVC 47501の紹介文。

LVC 47501と言えば、ワタクシが現在部屋着として穿いている50155-0116の前に購入したモデル。( Levi's® LVC 47501-0117 穿き込み① )。

購入前にLevi's E-shopの写真で見ると綺麗なシルエットに見えた47501だったが、ファーストウォッシュ後、穿いてみるとワタクシには細すぎるシルエット。サイズを間違えたのではと1インチアップしてみたがどうもしっくりこない。ワタクシにはオシャレ過ぎるシルエットだった。1947年モデルがこんなにタイトフィットだったとは。結局55年モデルの50155-0116を買い直し、今に至っている。

細すぎるシルエットには隠されたエピソードがあった?

しばらくの間「こんな細いシルエット、オリジナルにはないだろう。LVCでこのシルエットを出すようになったか。終わったなwww。」そう思っていた。LVC47501を購入したことすら忘れてしまっていた最近、衝撃の情報が飛び込んできた。

要約すると、シルエットを改造して穿くことが流行った当事の再現をしているのではないかとのこと。
この情報を見てすぐに後悔したんですよね。「終わってないじゃん。」って。

Levi's E-shopのLVC 47501のページ を見ると「フィットは、ストレート レッグのクラシックなスリムフィット」としてはいるが、上記のサイトのようなエピソードの説明はない。一部のマニアを除けば55年モデルと47年モデルの両方をオリジナルに忠実に再現されても見分けが付かない。あえてオリジナルそのままではなく、その当事の文化までをも取り入れてシルエットの違いを出していたのだとすれば「やるなぁLevi's®。」どころの騒ぎではない。
「現代的なシルエットにモデファイされた・・・」等の謳い文句でオリジナルと銘打ったリーバイス風パロディジーンズが氾濫する中、Levi's®が47501のシルエットにまつわるエピソードをあえて語らず販売しているとしたらそれもまたシャレオツだなと。

ファッションアイテムとしてジーパンを取り入れられるようになったら、是非またLVC 47501を手に入れたいと思っている。

10 / 05 , 2013
gotopagetop
10 / 04 , 2013  【Unclassified
yun_5926.jpg

Photo by (c)Tomo.Yun

ProducerはCosumerであってほしい。

度々取り上げさせていただいている某ジーンズブランドのデザイナー(以下:巨匠)。
現在展開しているブランドの前にも自身が主となるジーンズブランドを展開していたそうだ。その前ブランドを展開していた頃、巨匠は自身が生産したジーンズを穿かないと豪語し、頑なにリーバイスのジーンズを穿いていたという。
容易に手に入れることができなくなったヴィンテージのリーバイスを最高の形とし、それを再現して販売。自らはリーバイスを穿く。ある程度ジーンズにこだわりを持った人をターゲットにしているのにも関わらずデザイナー自らが穿かないことを宣言している物を販売していたとなると「消費者ナメてんの?」と思った人も多いのではないだろうか。その後そのブランドがどうなったかというのはまた別の話。

現在展開しているブランドではリーバイスを元ネタとしていることは間違いなさそうだが、逆に自身のデザインするジーンズ以外を穿いているのを見ることがない程着用している。ジーンズ作って25年の巨匠自らが手がけ、毎日穿いているジーンズ。前ブランドの絡みもあり、もしかしたらリーバイスを超えているのか?と思わせるてくれる。買ってはいないが、当然、気になるし欲しくもなる。

話しは変わって日に2度の更新を欠かさないカリスマブロガー(以下:カリスマ)。

プロの消費者を名乗っていたと思えば現在は「プロシューマー(自称)」が付け加えられている。
プロシューマーとはいったい何なのか。

プロシューマー

consumer(消費者)とproducer(生産者)を組み合わせた造語で、製品の企画・開発に携わる消費者という意味。未来学者のアルビン・トフラー氏が著書『第三の波』で予見した新しいスタイルの消費者。多様化した消費者のニーズに応えるために、企業が消費者の意見を直接取り入れる形で、消費者が商品の企画・開発に関わるようになってきている。

引用:kotobank.jp

別のサイトでは

プロシューマー

自分が欲しいと思う物を自ら発案して商品化したり、メーカーに働きかけていく進んだ賢い消費者のことを指す。

引用:知っておきたいIT経営用語

とこのように説明している。

現在、増えてきていると言われるプロシューマーにどのような人がいるのか知らないが、ワタクシから見てカリスマは賢い消費者には見えない。「これ、買いましたブログ」や単なる「お買い物ブロガー」と差別化をはかった結果プロシューマーのような道を選んでいるのではないか。
選んでいるとは言っても有名メーカーに自分の意見を取り入れてもらえることなど誰もができるわけではない。さすがはカリスマ。メーカーは必死で自社商品の知名度を高めようと、売り上げを伸ばそうと必死。メーカー側がプロシューマーとしてコラボ相手にカリスマを選んだのかはわからないが、その選択が正しかったのかというのは第2段があるかどうかでわかるのではないだろうか。

毎日2度更新されているブログに登場するのは専らオールデンやその他の靴。
自らの意見が入って誕生したはずのコラボ靴が登場したのは販売期間中だけ。シュークローク内のオブジェと化しているのか。ブログで取り上げられない程度の仕上がりの靴なのか。明らかにネタ切れだろうと思うような内容のブログが更新されることはあってもコラボ靴のその後が登場することはない。もしかすると自分で消費してないのではと思ってしまう。それとも大人の事情があってのことなのか。

メーカー側がプロシューマーとしてカリスマとコラボしたのではれば、「消費者ナメてんの?」だけではなく「メーカーナメてんの?」となってしまわないんだろうか。そんな靴がその後どうなっているのか気にはなるものの、当然欲しくはならない。

買っても履かないなんて当たり前。靴好きなんてそんなもんだよと言われたら何も言い返せませんが(笑)。

みなさんはどう思いますか?

10 / 04 , 2013
gotopagetop
10 / 03 , 2013  【LVC Hakikomi
PA022221.jpg

表向きで乾燥機50分でボタンフライにもアタリ

リゾルトのボタンフライ部分の色落ちに憧れてスプレー式の洗濯糊を使用して強制的に色落ちさせようと試みた( Levi's® LVC 50155-0116穿き込み 19 )が結局うまくいっていなかった。
ややゆったりめなサイズをチョイスしていることに加えて、いわゆる男シンボルであるモノのサイズ、ワタクシのソレのサイズが小振りであるために無理なんだろうと諦めていた。

同じくリゾルトのセルビッジ部分に憧れて「表向き乾燥機50分」を行ったところ(Levi's® LVC 50155-0116穿き込み 25)、ボランフライ部分にアタリがつくという意外な結果となった。

PA022218.jpg PA022215.jpg PA022217.jpg

「たかがジーパンや!」簡単に言っているように聞こえるが、深い、や本当に深いなぁ。そう思いながらコインランドリーを後にした。

続き 『 Levi's® LVC 50155-0116穿き込み 28 』 を読む >

10 / 03 , 2013
gotopagetop

gotopagetop

© SLOG ALL RIGHTS RESERVED.