SLOG   The goal is to update twice a day
rss
CALENDER.
<<  2021/01 >>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
SEARCH.
CATEGORIES.
RECOMMENDED ITEM
RECENT COMMENTS.
WEB MASTER’S PROFILE.

Name:S
■Start:2012.10~
■Monthly PV(MAX):460K
■Monthly UU(MAX):40K
■Visitors/day:4K
Twitter:@snnkknns
Instagram:@snnkknns
Mail:snonikki#gmail.com
(#→@ )

MONTHLY ARCHIVES.
LINK.
Rakuten

Amazon prime

【レビュー】「江戸屋の靴磨き用山羊毛ブラシと豚毛ブラシ」 レビュー

11 / 26 , 2018  【buy
江戸屋靴磨き用ブラシ

[写真]江戸屋の山羊毛ブラシと豚毛ブラシ
「別誂(べつあつらえ)」=特別に注文して作ること

江戸屋の靴磨き用ブラシは本当に良いブラシなのか?

江戸屋の靴磨き用ブラシ(山羊毛ブラシと豚毛ブラシ)を購入して使い始めてから1年が経過したのでレビューします。

江戸屋のブラシはずっと欲しかったのですが、オンラインショップでは常に在庫切れ。定価は豚毛ブラシ 6,000円(税抜)、山羊毛ブラシ10,000円(税抜)。さらにヤフオク等ではプレミア価格で売られています。そんな高級ブラシである江戸屋の靴磨き用ブラシは本当に良いブラシなのでしょうか。

手に入れることが難しいことは靴磨き好きのみなさんならご存知のことと思います。ワタクシの場合は、たまたま運良くオンラインショップを覗いた時に在庫があり、購入することができました。実際に手元に届いた時はとても興奮しました。

実は仕上がりに関しては大差は無い

噂通り、全く毛は抜けないし、毛が反り返ることもなく、毛の密度、ハリ、コシ、どれをとっても申し分ありません。

これまで使ってきた中で最高のブラシではあることは間違いありません。ですが、肝心の靴磨きの仕上がりに関しては、それまで使っていたブラシによる仕上がりと全くと言って良いほど同じ。

最高級のブラシを使っても、仕上がりが良くなる訳ではないということがわかりました。

江戸屋の靴磨き用ブラシを使い始めてから変わったこと

それまで使っていたブラシは山羊毛ブラシがコロニルのファインポリッシュブラシ(3,000円)、豚毛ブラシがコロンブスのハリスブラシ(800円)でした。

コロニルのファインポリッシュブラシ山羊毛|Amazon

コロンブス ハリスブラシ豚毛|Amazon

特に不満があったわけではないのですが、江戸屋のブラシを手に入れるまでは、もっと良いブラシがあるのではないかと目新しい物が店頭に並んでいると必ず手に取って触ってみて、良さそうなものは買う→使う→これじゃない、を長い期間繰り返していました。

江戸屋のブラシを購入してからは店頭で新しいブラシを見ても買うことは勿論、手に取ることすらなくなりました。
ブラシだけでなくそれまであれこれ買いまくっていた靴クリームやワックスの類もほとんどと言っていいほど買わなくなりました。

ブラシやクリーム、ワックスといった道具による仕上がりの差はほとんど無いということにようやく気付きました。

江戸屋のブラシの写真

山羊毛ブラシ

江戸屋靴磨き用ブラシ②

[写真上] 山羊毛ブラシ[写真下] 豚毛ブラシ

豚毛ブラシ

江戸屋靴磨き用ブラシ③

[写真右] 山羊毛ブラシ[写真左] 豚毛ブラシ

江戸屋靴磨き用ブラシ④

[写真] 山羊毛ブラシ

江戸屋靴磨き用ブラシ⑤

[写真] 豚毛ブラシ

江戸屋の靴磨き用ブラシは本当に良いブラシだ

靴磨き職人でもなければ、靴磨き芸人でもない。ただ自分が履く数足の靴を磨くだけの為に10,000円もするブラシを使う。

長い間、憧れていた江戸屋のブラシを使って靴を磨くのはとても気分が良く、楽しい。 繰り返しますが、1年使い続けても毛が全く抜けないし、反り返ることもない。ハリ、コシ、密度が1年使い続けてもちょうどいい。2年、3年その先もずっと使えそうな気がします。

道具としてこれ以上の物は無いだろうと。あったとしても要らない。これでいい。そう思わせてくれた江戸屋のブラシは本当に良いブラシです。

江戸屋 靴ブラシの手入れ方法

靴ブラシのお手入れについて

  1. 櫛などで軽くとかす。
  2. 固く絞った濡れタオルで、ブラシ表面を軽くこすりつけるようにして拭く。
  3. 湿気を残さないよう、風通しの良い場所で陰干しする。
  4. 再度、毛の絡みをとき、毛を整えるように櫛で軽くとかす。
  5. ブラシ表面から飛び出した毛は、引っ張らずにハサミで切り取る。
    ※無理やり抜いてしまうと、毛抜けの原因になります。

【靴のメンテナンスと同様に、靴ブラシもこまめに手入れをしていただければ長持ちします。】

※乳化性クリーム・油性ワックスなど共に蝋が主成分ですので、ブラシに付着したままですと毛が固まってしまいます。
靴のお手入れ時のクリーム(ワックス)の付け過ぎにはご注意ください。
もしブラシがワックスで固まったり汚れてしまったら、靴用のクリーナーやリムーバーをごく少量つけて洗ってください。
その時、持ち手の木の部分は濡らさないよう 注意してください。

靴ブラシのお手入れについて|【公式】江戸屋

皆さんにも機会があれば是非買って使ってみて下さい。
本当にオススメです。

※江戸屋のオンラインショップは残念ながら閉鎖中です。


11 / 26 , 2018
gotopagetop
gotopagetop

Post a Comment.

Private message

gotopagetop

Title : ラグナさん >
 Posted by S

ワタクシの場合、コロニルの山羊毛は1年くらい使ったあたりで毛が潰れてしまいました。
ブラシとしては高いですが1万円程度なので、いつか買うなら早い方がいいのではないでしょうか。

gotopagetop

Title : Re: 江戸屋の靴磨き用ブラシは本当に良いブラシなのか?|豚毛ブラシ 山羊毛ブラシ
 Posted by ラグナ

こんにちは。

ブラシの話。興味深く拝見いたしました。

江戸屋か平野か、と未だに迷っている私です。
持っているのはR&Dさんの豚毛と馬毛。
当初、抜け毛がありましたが、今は安定(?)しています。
コロニルの山羊毛はSさんのブログを見て購入しました。
(使ってみて、とても良かったです。ご紹介、ありがとうございました。)

これらに対して、特段の不満はないのですが、やはり「いつかは・・・」という気持ちは消えません。(笑)

gotopagetop

gotopagetop

© SLOG ALL RIGHTS RESERVED.