SLOG   This site is not for commerce
rss
CALENDER.
<<  2019/11 >>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
SEARCH.
CATEGORIES.
RECENT COMMENTS.
MONTHLY ARCHIVES.

革靴の踵のえぐれ傷をDIYでリペア

11 / 11 , 2019  【maintenance

革靴のえぐれ傷をDIYでリペア

5年履いているお気に入りの革靴(チャーチ コンサル)の つま先、踵のあらゆる箇所に傷が入りまくってしまいました。

歩道のちょっとした段差につまづいたり、階段を上っている途中につま先を削ってしまったり、ほとんどがつま先なのですが、何故か踵にも何箇所か傷が入ってしまっています。

数年前に同じ革靴(チャーチ コンサル)のつま先の傷(えぐれ傷、切り傷の複合型)のリペアを、プロの修理屋(RESH)にやってもらいました。

コンサル20151213_リペア前のつま先の傷

[写真]数年前にブロの修理屋にリペアしてもらった時のえぐれ傷
(タップするとリペア後の写真に切り替わります)

今回はセルフリペアをしてみることにしました。
「踵のえぐれ傷」編です。

今回リペアする踵のえぐれ傷

革靴のえぐれ傷(踵)

[写真]チャーチ コンサルの踵(外側)のえぐれ傷

革靴のえぐれ傷(踵)

[写真]チャーチ コンサルの踵(外側)のえぐれ傷2

何をしている時についた傷がわからないのですが、外側なので結構目立つ。
色付き(黒)のクリームで目立たなくして履いていましたが、お気に入りの靴なので直してみることにしました。

革靴のえぐれ傷のリペアにはコロンブス社の「アドベース」というパテで傷を埋めて「アドカラー」で着色をするというのが一般的な方法のようです。

参考にいくつかブログを見て勉強しました。

どちらも仕上がりは…。
さらにAmazonのアドベースのレビューを見てみると、アドベースは完全に硬化することはなく、強めに擦ると消しゴムのカスのようにポロポロと剥がれるとの書き込みがありました。

硬化しないパテを使っても綺麗に仕上がる訳がない。
何か良い方法は無いかと考えた結果、「車の擦り傷用のパテ」を使うことにしました。

靴の傷を直そうと思って買った訳ではなく、実は最近、車のバンパーも傷つけてしまって買っておいたのですが、まさか先に革靴の方に使うことになるとは思っていませんでした。

使用した物

うすづけパテとイングリッシュギルドビーズリッチクリームと養生テープ 研磨フィルムとサンドペーパー
  • バンパー用うすづけパテ(株式会社ソフト99コーポレーション)
  • イングリッシュギルドビーズリッチクリーム
  • 養生テープ
  • サンドペーパー#1000
  • 超精密研磨フィルム#2000(三共理化学株式会社)

手順

  1. 傷の周辺に養生テープを貼る
  2. サンドペーパーで傷を均す
  3. パテと靴クリーム(イングリッシュギルドビーズリッチクリーム)を混ぜる
  4. 手順3のパテで傷を埋める
  5. 24時間乾燥(放置)させる
  6. サンドペーパーで均す
  7. 研磨フィルムで均す
  8. 靴クリーム(イングリッシュギルド ビーズリッチクリーム)で仕上げ

【手順1】傷の周辺に養生テープを貼る

えぐれ傷周辺養生

[写真]養生テープで傷の周辺を保護

補修跡を最小限にする為に、傷の周辺に養生テープを貼りました。

【手順2】サンドペーパーで傷を均す(ならす)

傷の部分をサンドペーパーの#1000番で優しく擦りました。
サンドペーパーは番手が数字が小さくなる程、目が荒くなります。パテを均すには1000番くらいで丁度良い感じでした、

【手順3】パテと靴クリーム(イングリッシュギルドビーズリッチクリーム)を混ぜる

車の傷用のパテと靴クリーム

[写真]車の傷用のパテと靴クリームを混ぜて使う

車の傷用のパテと靴クリーム2

[写真]コンビニでもらうプラスチック製のスプーンを使用

車の傷用のパテは「ダーク&ブラック」なのですが、色はグレーなので色をつける為にブラックの靴クリーム(イングリッシュギルド ビーズリッチクリーム)と混ぜて使いました。

「パテ4」:「靴クリーム6」くらいの割合で混ぜました。
コンビニでもらうプラスチック製のスプーンを使いました。

【手順4】手順3のパテで傷を埋める

パテで傷を埋める

[写真]パテで傷を埋める

手順3で靴クリームと混ぜたパテで傷を埋めていきます。
プラスチック製のスプーンを使いました。なるべく平になるようにしましたが、後で削るので適当にやりました。

【手順5】24時間乾燥(放置)させる

車の傷用のパテの説明書には1時間〜2時間で硬化すると書いてありましたが、靴クリームと混ぜているので長めに乾燥させました。

乾燥後の写真

パテ乾燥後

[写真]24時間乾燥後に養生テープを剥がした状態

24時間乾燥後、一度養生テープを外してパテの状態を確認しました。
完全に硬化しています。

【手順6】サンドペーパーで均す

サンドペーパーで均す前再度養生テープで保護

[写真]再度養生テープで保護

サンドペーパーで均す前にパテが盛られていない部分に再度養生テープを貼ります。

サンドペーパー#1000

[写真]サンドペーパー #1000

サンドペーパーは#1000番を使いました。

サンドペーパーで均した後

[写真]サンドペーパー使用後

サンドペーパーでパテを持った部分とその周辺部分を均しました。
24時間乾燥させたので完全に硬化していましたが、周辺部分が必要以上に削れてしまわないように優しく擦りました。

【手順7】研磨フィルムで均す

超精密研磨フィルム#2000三共理化学株式会社

三共理化学株式会社 超精密研磨フィルム #2000

超精密研磨フィルムの #2000を使ってさらにパテと周辺部分を均しました。
研磨フィルムは水を使って研ぐようにして使うこともできるそうなのですが、水は使いませんでした。

研磨フィルム使用後

[写真]研磨フィルム使用後

1000番のサンドペーパーで均した後、さらに2000番の研磨フィルムで仕上げました。
指で触ってもパテの凹凸は残っていません。研磨フィルムという物をこの時初めて使いましたが、コードバンの財布や鏡面磨きの時など革全般の手入れに使えそうです。

靴クリーム(イングリッシュギルド ビーズリッチクリーム)で仕上げ

研磨フィルムでの作業後の時点ではパテの部分の色が周囲と馴染んでいなかったので靴クリーム(イングリッシュギルドビーズリッチクリーム)で馴染ませました。

Before After写真

Before

革靴のえぐれ傷(踵)

[写真]えぐれ傷リペア前

革靴のえぐれ傷(踵)

[写真]えぐれ傷リペア前2

After

20191110101224493.png

[写真]えぐれ傷リペア後

201911101012255c6.png

[写真]えぐれ傷リペア後2

まとめ

革靴の傷を埋めてリペアするのは初めてでしたが、想像以上の仕上がりでした。
近くで見ないとわからないレベルで華麗に直すことができました。あと2回くらいやればより完璧に近い仕上がりになると思います。

簡単ではありませんでしたが、楽しい作業でした。
リペアして数回履きましたが、車用のパテを使ったことによる問題は発生していません。

自己責任でお願いします。

11 / 11 , 2019
gotopagetop
gotopagetop

Post a Comment.

Private message

gotopagetop

Title : Re: 革靴の踵のえぐれ傷をDIYでリペア
 Posted by ピロ吉

久しぶりにSさんらしいオリジナリティ溢れたシューケア2連発で興奮しております(笑)。
前回の「おしぼりケア」も目かウロコらうろこでしたが、今回も、すごい。
確かに踵だったらバンパーパテ、ありですよね。
少しずつ研げる「水研ぎ」が良いのでしょうが、「革に水」トラブル考えれば使わないで正解。
付け加えるとすれば、これは手先の器用なSさんだから出来ることで、
不器用な人・センスのない人は、パテが落ちたりするかもしれません(アドカラーも同じようなもんですが)。
とても参考になりました。次回は年内UPでしょうか。楽しみにしてます。

gotopagetop

Title : ピロ吉さん >
 Posted by S

コメントありがとうございます。
長い間ありきたりな内容が続いている事は自覚していました。申し訳ございません。
ネタと時間ががあれば1日2回の更新したいのですが現状では難しいです。
次回更新のタイミングは未定とさせていただきます。こちらについても申し訳ありません。

> 久しぶりにSさんらしいオリジナリティ溢れたシューケア2連発で興奮しております(笑)。
> 前回の「おしぼりケア」も目かウロコらうろこでしたが、今回も、すごい。
> 確かに踵だったらバンパーパテ、ありですよね。
> 少しずつ研げる「水研ぎ」が良いのでしょうが、「革に水」トラブル考えれば使わないで正解。
> 付け加えるとすれば、これは手先の器用なSさんだから出来ることで、
> 不器用な人・センスのない人は、パテが落ちたりするかもしれません(アドカラーも同じようなもんですが)。
> とても参考になりました。次回は年内UPでしょうか。楽しみにしてます。

gotopagetop

gotopagetop

© SLOG ALL RIGHTS RESERVED.