SLOG   The goal is to update twice a day
rss
CALENDER.
<<  2021/05 >>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
SEARCH.
CATEGORIES.
RECOMMENDED ITEM
RECENT COMMENTS.
WEB MASTER’S PROFILE.

Name:S
Leather shoes journalist
■Start:2012.10~
■Monthly PV(MAX):460K
■Monthly UU(MAX):40K
■Visitors/day:4K
Twitter:@snnkknns
Instagram:@snnkknns
Mail:snonikki#gmail.com
(#→@ )

MONTHLY ARCHIVES.
LINK.
Rakuten

Amazon prime

【考察】「機械式時計とスマートウォッチ」考|メリットとデメリットで考察

04 / 10 , 2021  【consideration
20210405224746e3b.png

スマートウォッチの購入を検討した話

先日、コンビニのレジで会計待ちをしていた時のこと。ワタクシの前に並んでいたサラリーマン風の男性がウィダーインゼリーの支払いを左腕に着けられたスマートウォッチで決済し、店の外へ去って行きました。

スマートウォッチで決済する光景を初めて見たのですが、1連の動作はまさにスマートそのもの。その直後、スマートウォッチの購入を検討し始めました。

が結果、やめました。

購入をやめた理由としては、数ヶ月もしないうちに使わなくなることが目に見えているからというものです。せいぜい使っても1ヶ月程度だろうと。

今回は脳内で行われたスマートウォッチ購入検討会の様子をご覧頂きたいと思います。機械式時計のメリット・デメリットをそれぞれ述べた上でワタクシの考えを述べたいと思います。 全てのメリット/デメリットを挙げればキリがないのでワタクシが感じるものだけをピックアップします。

スマートウォッチのメリット・デメリット

スマートウォッチのメリット

スマートウォッチのメリットは以下の通り。

  • キャッシュレス決済ができる
  • メール通知を受け取ることが出来る
  • オシャレっぽく見える

キャッシュレス決済、メールの受信をスマホを取り出さなくてもスマートウォッチ単体で使用できるのは非常に便利です。

見た目に関しては好みが別れるところではありますが、Gショックや安価なクウォーツ時計(電池式時計)と比べるとカジュアル/ビジネス両方違和感なくつけることができ、今どきかつオシャレっぽい雰囲気を出すこともできます。

スマートウォッチのデメリット

スマートウォッチのデメリットとしては以下のような点が挙げられます。

  • 毎日充電が必要
  • 寿命が短い
20210405224340481.jpg

写真の通り現状、スマホ2台、イヤフォン、電子タバコ(iQOS)と毎日充電が必要なデバイスが4つあり、これ以上増やしたくない。(少し前までWIFIルーターも所有していました)。
充電するのを忘れてバッテリーが無くなってしまった場合はキャッシュレス決済は愚か時間の確認すら出来ません。

スマートウォッチと言えばの「Appleウォッチ」で、新品時で1時間強でフル充電可能とのことですが、バッテリーは徐々に劣化し、使用4年程で半日持たない状況になるそうです。

OSのアップデート可否も考慮すると3~5年がAppleウォッチの寿命の目安となるそうです。


機械式時計のメリット・デメリット

機械式時計のメリット

機械式時計のメリットは以下の通りです。

  • 充電不要
  • 修理可能で長い期間使える
  • リセールバリューが高い

機械式時計は充電が不要。電気を使わないので地球にもお財布にも優しい。手巻き式なら手で巻くという手間がかかりますが、大した手間ではなく(むしろ楽しい)、自動巻きなら手間いらず。

機械式時計は修理しながら何十年と使うことが出来ます。アンティークと呼ばれる時計の中には50年以上前の時計も当たり前に存在します。子供や孫に譲り渡すこで一生モノを超える使い方も可能です。

機械式時計のデメリット

では、デメリットにはどんなものがあるのでしょうか。

  • 時間が正確ではない
  • 定期的なオーバーホール(分解掃除)が必要
  • 購入価格が高い

残念ながら、機械式時計の刻む時間は正確ではありません。秒単位で正確な時刻を確認する必要がある人や神経質な人には向かないかもしれません。 ワタクシの場合前後2分程度なら気になりません。

機械式時計は定期的に「オーバーホール」と呼ばれる専門業者による分解掃除が必要です。一般的には3年に1度が理想と言われていますが、時間が大幅に狂い始めてからでも問題ないという意見もあります。過去に7年程度使い続けてオーバーホールに出したところ、「まだ(オーバーホール)しなくていいよ」と言われたことがあります。オーバーホールの費用は3万円程度です。

まとめ

単純にメリットデメリットだけを見ると、機械式時計よりもスマートウォッチの方が優れているように感じますが、ワタクシの場合、毎日の充電が必要であるというだけで買わない理由になってしまいます。

メリットとしては挙げていませんが、機械式時計を何年、何十年と長く使っていくうちに感じる唯一無二感、自分だけのものという感覚はスマートウォッチでは絶対に味わうことは出来ません。
本体そのものの価格は高いですが「ロレックス」や「ジャガー・ルクルト」などのブランド品を選べば、万が一飽きて手放す時が来ても価格が落ちることもありませんし、購入価格より高く売れたなんてこともあるかもしれません。

20210410205957713.png

[写真]ROLEX EXPLORERⅡ

20210410210544150.png

[写真]JAEGER-LE COULTRE REVERSO

今までもそうでしたが、これからも機械式時計を使っていくことになりそうです。

【写真出典】The Watch Company

04 / 10 , 2021
gotopagetop
gotopagetop

Post a Comment.

gotopagetop

gotopagetop

© SLOG ALL RIGHTS RESERVED.