Assets - Inline banner
 
SLOGThe goal is to update twice a day
  1. Home
  2. Bought
  3. ウールキルティングジャケット ラベンハム デンストン 着用3年レビュー|ウールとポリエステル素材の違い等No.629

ウールキルティングジャケット ラベンハム デンストン 着用3年レビュー|ウールとポリエステル素材の違い等

12 / 20 , 2021 UP Bought Comment : 0

ラベンハム_ウールキルティング_全体

LAVENHAM(ラベンハム) DENSTON(デンストン)ウール 着用3年レビュー

ラベンハムのポリエステル素材のキルティングジャケット「DENSTON(デンストン)」を使い倒して(5年程度)廃棄した後、すぐに同じDENSTONのウールVer.を購入しました。3年程度着用しています。

ポリエステル5年、ウール3年程度着用して感じたそれぞれのメリット、デメリットを記します。キルティングジャケットを購入するにあたり、「ポリエステル」と「ウール」のどちらを購入するべきか迷っている方へほんの少しでも参考になれば幸いです。

LAVENHAM(ラベンハム)デンストン_ウールキルティングジャケット_素材1

  • LAVENHAM(ラベンハム)デンストン_ウールキルティングジャケット_素材1

  • LAVENHAM(ラベンハム)デンストン_ウールキルティングジャケット_素材3

  • LAVENHAM(ラベンハム)デンストン_ウールキルティングジャケット_素材5

  • LAVENHAM(ラベンハム)デンストン_ウールキルティングジャケット_素材6

ポリエステルのキルティングジャケットと比べた場合のウールのキルティングジャケットのメリットとデメリット

ウールのメリット

  • ポリエステルより暖かい(真冬でもギリギリ着用可能)
  • ポリエステルより皺になりにくい(耐久性も高い)
  • ポリエステルより(見た目)若干フォーマルよりになる
  • ポリエステルより高級感がある

ウールのデメリット

  • ポリエステルより重い(重量)
  • ポリエステルより高い(価格)

「ウール」は「ポリエステル」より暖かいが、若干重い

ラベンハム_ウールキルティングジャケット__内タグ

[写真]※現在の輸入代理店はヒットユニオン㈱

キルティングジャケットの1番のメリットは気軽に着ることができるということ。 要アウターシーズ突入後、初めに使うアウターとしてキルティングジャケットは最適です。この点はポリエステルでもウールでも変わりありません。

中に何を着るかにもよりますが、ウールの防寒性は高いので、要アウターシーズンの10月中旬くらいから真冬の1月~2月でも着用が可能です。ポリエステルと比べると若干重いですが、脱いでも邪魔にならない軽さではありますので重さ基準で選ぶ必要は無いと思います。

「ウール」は「ポリエステル」より皺になりにくく、耐久性も高い

ラベンハム_ウールキルティングジャケット__背中皺

[写真]長時間着用後の背中の皺(ウール)

ポリエステルキルティングを使っていて最も気になったのが、背中の皺。電車やバス、車の運転等で長時間、「背もたれ」を使った状態で着用していると、大きな皺が入っていました。アイロンのスチームを当てて伸ばすことはできていましたが、ウールキルティングは皺がほとんど入りません。

また、ポリエステル素材は5年程度着用した結果、袖や肘の部分が薄くなり中の詰め物が見えている状態になったこと、何かに引っ掛けて複数個所伝線してしまったことを理由に廃棄することになりましたが、ウールキルティングは3年時点ではありますが、目に見える劣化はしていません。ポリエステル素材とウール素材とを比べるとウール素材の方が生地が厚く、耐久性も高いのではないかと考えています。

ポリエステルキルティングの袖

ポリエステルラベンハムキルティングジャケット廃棄_破損袖口

[写真]ポリエステルキルティングの擦り切れた袖口

ポリエステルキルティングの伝線

ラベンハムポリエステルキルティングジャケット破損個所_伝線

[写真]ポリエステルキルティングの伝線

「ウール」は「ポリエステル」より高級感があり、ポリエステルより若干フォーマルよりな見た目

ラベンハム_ウールキルティングジャケット__生地感

[写真]ウールキルティングの生地感

本来はどちらもカジュアルなデザインではありますが、ビジネススタイルの時でもキルティングジャケットを着用している人は多く、ポリエステルでもウールでもビジネス/カジュアルどちらでも対応が可能なジャケットです。

一般的にもポリエステルに比べるとウール素材の方がフォーマルとされています。前述の皺が入りにくいということもフォーマルな印象を持つ一つの要因となっています。ブラックやダークグレー、ネイビー等の色であればよりフォーマルな印象は強くなります。

フォーマル度の解説|素材

ウールは独特のハリやしなやかさ、シルクは上品な光沢がフォーマル度を高める要素となります。

化学繊維は近年めざましい発展を遂げており、天然素材と見分けがつかないものもあります。 「ウール見え」「シルク見え」するポリエステル素材は、化学繊維でもフォーマル度を高く見せる素材といえますが、 スポーツウェアなどにも使用されるナイロン素材などの独特のツヤやしわはカジュアル感を与えることが多く、 フォーマル度を下げる可能性があります。

フォーマル度の解説|紳士服・スーツ販売数世界No.1 - 洋服の青山

「ウール」は「ポリエステル」より価格が高い

ウール素材で69,300円、ポリエステル素材で57,200円とウール素材の方が高い価格が設定されています。

LAVENHAM(ラベンハム)|日本公式サイト

耐久性、汎用性、着用時期も長い「ウール素材」がオススメ

ラベンハム_ウールキルティングジャケット__ポケットタグ

ウールのデメリットは若干重いことと、価格が高いこと。その他はウールの方が優れており、個人的にオススメはウール素材。ポリエステル、ウールどちらも使う場面が多い汎用性が高く長く使えるジャケットだと思いますので、セール等を利用して購入してみてはいかがでしょうか。

Amazonpr
Amazonpr

Articles to Read.

02  22 , 2022

Post a Comment.

Private message

ACCESS RANKING.(2023年1月)

  1. 100均(ダイソー)で揃えた道具でする本格的な革靴の手入れ

  2. バイナリーオプション(ハイローオーストラリア)で1日45万円勝ちましたUP

  3. 嫁「本当にやめて!」Barbour(バブアー)のオイルドジャケットは本当に良いJKTなのか?DWN

  4. 【裏技】革靴を馴染ませる為にやるべき3つのことUP

  5. ミズノのグローブオイルで革のコートを柔らかくするDWN

  6. 【ダサい?】パラブーツ シャンボードは良い靴なのか?

  7. 【裏技】Barbour(バブアー)のオイルドジャケットのオイル抜きに挑戦DWN

  8. 【交換】スタンスミスの靴紐は長い&太いDWN

  9. 裾上げ後の「アタリ出し加工」を自分でやる方法UP

  10. 10【簡単】スタンスミスのスニーカーをヴィンテージカスタム

  11. 11【裏技】ジーンズの黄ばみを熱湯と酢を使って落とすUP

  12. 12【リペア】ダッフルコート(グローバーオール)の麻紐(トグルボタン)が切れたので修理をしたUP

  13. 13【裏技】革財布の手入れに100均のあかすりミトンが使えるDWN

  14. 14フリースの埃を取る簡単な方法 4選DWN

  15. 15鬼ヒゲだけじゃない「ジーンズに糊付け」メリット2つUP

  16. 16「シューツリー」の効果、実はほとんど意味ない説 検証(中)DWN

  17. 17穿き込み開始から8年後のジーンズを洗濯して糊付けした方法と手順穿き込み開始から8年後のジーンズを洗濯して糊付けした方法と手順UP

  18. 18【根性】チャールズパッチで7年愛用のひび割れた革靴をリペアUP

  19. 19トゥスチール装着は非紳士的行為|ヴィンテージスチール不要 UP

  20. 20ダイロンでリーバイスのブルージーンズをブラックジーンズにカスタムNEW

SEARCH.
CALENDER.
  2023/02  
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
CATEGORIES.
RECENT COMMENTS.
ARCHIVES.
ABOUT SLOG...
楽天市場

楽天トラベル

Amazon
Amazon_在庫処分セールバナー

ACCESS RANKING.(2023.1)

  1. ほぼダイソーで完璧な靴磨き

  2. 1日45万円勝ちましたUP

  3. B社オイルドJKTは良いJKTなのか?DWN

  4. 革靴を確実に馴染ませる方法3つUP

  5. グローブオイルで革ジャンの手入れDWN

  6. パラのシャンボードは良い靴なのか?

  7. B社のオイルドJKTのオイル抜きに挑戦DWN

  8. St.スミスの靴紐は長い&太い⇒交換DWN

  9. ジーンズのアタリ出し加工DIYUP

  10. 10St.スミスをヴィンテージカスタム

  11. 11ジーンズの黄ばみを落とす方法UP

  12. 12ダッフルコートの紐の修理UP

  13. 13革財布の手入れにあかすりミトンDWN

  14. 14フリースの埃を取る方法 4選DWN

  15. 15「ジーンズに糊付け」メリット2つUP

  16. 16実は意味がない「シューツリー(笑)」DWN

  17. 17ジーンズの糊付け方法UP

  18. 18チャールズパッチで革靴をリペアUP

  19. 19トゥスチール装着は非紳士的行為UP

  20. 2066前期のブラックデニムNEW

FEATURED POST.

MAINTENANCE
CONSIDERATION
BOUGHT
REPAIR
UNCLASSFIELD
LVC® HAKIKOMI
AGEING
CUSTOM