LVC Hakikomi|SLOG
SLOG   This site is not for commerce
rss
CALENDER.
<<  2019/05 >>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
SEARCH.
RECENT POSTS.
  • 全記事一覧
CATEGORIES.
RECENT COMMENTS.
MONTHLY ARCHIVES.
WEB MASTER’S PROFILE.

Name:S
■Start:2012.10~
■Monthly PV:200K
■Monthly UU:68K
■Visitors/day:2.5K
Twitter:@snnkknns
Mail:snonikki#gmail.com
(#→@ )

05 / 25 , 2014  【LVC Hakikomi
LVC膝20140525

シルエットが綺麗なジーンズの膝が出ている問題

ブログやSNSを見ていると、「シルエットが綺麗(なジーンズ)」という表現をよく見かけます。
ブランドやモデル、好みによって程度は異なりますが、テーパード(裾に向かって先細り)がかったジーンズのことを「シルエットが綺麗なジーンズ」と言うようです。

ワタクシのジーンズのシルエットの好みは、厳密に言うと少しテーパードが利いていますが、所謂ストレートで、巷で言うところの綺麗なシルエットの括りからは外れてしまいます。

テーパードが利いていないジーンズはシルエットが汚いのかと少し苛立ちを覚えることがありますが、「ワークテイスト溢れる男らしいシルエット」なんていう表現をしているのも見かけます。
「綺麗なシルエット」という表現に疑問を感じているのでシルエットについて少しだけ。

Read more...

05 / 25 , 2014
gotopagetop
03 / 09 , 2014  【LVC Hakikomi
P1012926.png

色落ちが遅いジーンズ=色落ちが悪いジーンズ?

リーバイスの復刻の評判が悪いのは今更言うまでも無いが、いくつか見たサイトの情報のひとつにリーバイスの復刻物は色落ちが遅いというものがあった。

リーバイスの復刻モデルの中でも年代や品番、製造国によって色落ちの早い・遅いが違うらしい。

これまでリーバイスどころかほとんどジーパンを穿いてこなかったので、色落ちのスピードが速くても遅くてもわからないのだが、ここまで色が落ちないとは思わなかった。購入直後と比べると薄っすらと縦落ちの兆候が見られる部分もあるが、まだ写真でわかる程の色落ちはしていない。「週に一回普通に洗濯。」をしていたら恐らくはノッペリとした、ただ薄い色のジーパンになるだろう。

Read more...

03 / 09 , 2014
gotopagetop
02 / 01 , 2014  【LVC Hakikomi
カイハラリーバイス

カイハラデニムを使用した55年モデルのLVC-55501

リーバイスヴィンテージクロージングは進化しているのか Part.1 』の続きです。

内タグの表記「J09A 311528 0403」、2003年の4月に製造された日本製の1955年復刻モデル「LVC 55501」

上記のサイトの情報によると「カイハラ生地、オフセット、バレンシアに比べて腿細め、肉厚感、ザラ、ゴワ感あり、色落ち遅め 21000円」。

Read more...

02 / 01 , 2014
gotopagetop
01 / 26 , 2014  【LVC Hakikomi
バレンシアLVC比較9

リーバイス ヴィンテージクロージングの完成度

「当時と寸分違わぬ完全な姿での復刻」を命題に1999年にスタートした、LVCこと「Levi's Vintage Clothing」ライン。
芸術品のような美しい色落ちのヴィンテージのリーバイスの価格は数十万円、高いものでは数百万円の値がつきます。ヴィンテージのリーバイスがどれだけ美しくても、高値で取引されてもリーバイス社が潤うことはありません。潤っているのは、ヴィンテージを取り扱う古着屋、ヴィンテージリーバイスのパロディを製造しているブランド(以下 : レプリカブランド)、というのが現状。

リーバイスもLVCを立ちあげる前からヴィンテージの復刻の製造は行っているものの、その評判は・・・。リーバイスが完成度の低い復刻物を販売し続けている間に誕生した、リーバイスよりもリーバイスの要素が詰まったレプリカブランドが多く誕生し、その人気は確立されてしまいました。1から育てる楽しみを知ったジーンズ好きの人達の多くは、色落ち、その他のディテールでレプリカブランドの方がオリジナルの再現力に長けているとリーバイス以外を選びます。どの時期のどのモデルを見てそう判断したのかは不明ですが、最近では穿いている人が少ないのか、評判すら聞きません。

リーバイスの現在までの歴史を辿ると、おおよそ5年スパンでモデルチェンジを繰り返しているそうで、「当時と寸分違わぬ完全な姿での復刻」を目指し、現在も進化を続けているようです。

Read more...

01 / 26 , 2014
gotopagetop
01 / 12 , 2014  【LVC Hakikomi
LVC_50155-0116_20140109_3.png

根性無しが根性穿きをする方法

“ 糊付けし 数回穿くと 尻テカる ”

Levi's® LVC 50155-0116穿き込み 31【第五章 根性無しに根性穿きは難しい】 』の続きです。

Read more...

01 / 12 , 2014
gotopagetop
12 / 30 , 2013  【LVC Hakikomi

自他共に認める根性無しであるワタクシ。まさかジーンズの穿き込みの過程でそれを痛感することになるとは。

Levi's® LVC 50155-0116穿き込み 30【第四章 完 8ヶ月間に及ぶファーストウォッシュ完了】』の続きです。

PC272673 (1)

ジーンズを糊付けすることのデメリット

ビニールの成分が含まれている化学糊だからテカるのかと思っていたが、天然糊を使ったところで結果は同じだった。

Levi's® LVC 50155-0116穿き込み 29【第四章 Mr.洗濯糊】

むしろテカり方は天然糊の方が激しい。さらに、穿いて膝が出るのは仕方がないことだが、糊付け後は生地が堅いので糊付けしていない状態と比べ、シルエットの崩れ方がこれまた激しい。糊付けしたまま穿くことは諦めることにした。膝が出ようが尻がテカろうが洗わず気にせず穿き続ける。

根性穿きは難しい。

続きを読む >

12 / 30 , 2013
gotopagetop
11 / 09 , 2013  【LVC Hakikomi
LVC50155-0116 シワシワの紙パッチ セルビッジ(リゾルトではありません。) フライボタンのアタリ トップボタンの酸化 裾上げ後再度の捩れ 赤タブクルン

ある意味ここまでがファーストウォッシュ

なかなか思うようにアタリが付いてくれなかったが、ああでもないこうでもないと試しているうちにいつの間にか理想的な姿になってくれていた。
ボタンフライ・セルビッジのアタリ、裾上げ後の捩れ、トップボタンの酸化、紙パッチのシワシワ、赤タブクルン。

何回洗って、何分間乾燥機で回したのかわからないが、ワタクシの中ではある意味ここまでがファーストウォッシュ。

みなさんはどう思いますか?

続き 『 Levi's® LVC 50155-0116穿き込み 31  』 を読む >

11 / 09 , 2013
gotopagetop
10 / 23 , 2013  【LVC Hakikomi
PA232273.png

洗濯糊の原液をジーパンに塗ってリジッドに近い状態に戻してから穿いてアタリをつける

を見た後、ポパール洗濯糊という三和油脂工業株式会社の洗濯のりを使って原液で糊付けをし、穿き続けていた。

PA232276.png PA232274.png PA232275.png

未だ部屋着としてしか着用していないが、写真の通り、かなり良い感じに皺が入っている。
セルビッジ部分に直接塗ってからの乾燥機50分の威力は圧巻だった。色落ちまではしていないが、このまま穿き続ければ、いずれ綺麗なヒゲやアタリが付くだろう。そう思っていた。

しかし、ある日、バックポケット付近を見て所々テカっている箇所があることに気付いた。
色落ちしていない部分なのに白く、反射している(写真1枚目中央部)。ナイロンやポリエステルが混入したスーツが摩擦で同じような状態になったことを思い出した。摩擦が多い部分とはいえ、綿100%のはずのデニムがこんなに簡単にテカるとはどういうことか。
思い当たるのは洗濯糊くらいしかない。

洗濯糊の品質表示を見ると、品名こそ『洗濯のり』と書いてあったが、成分はポリビニールアルコール。調べてみると洗濯糊には大きく分けて天然糊と化学糊に分けられるらしい。

ポパール洗濯糊は完全な化学糊。テカるだけならまだいいが、色落ちに悪影響を及ぼすのではないか。ヒゲ、ハチノスが入ってセルビッジがブリンブリンであればそれでいいわけではない。そう思ったワタクシはすぐに近所のホームセンターへ行き、小麦澱粉とコーンスターチが成分の天然糊、『株式会社永久糊』の洗濯糊を購入した。

PA232271.png

天然糊の特徴として、ハリが強くシャキッと仕上がるというメリットがあるが、天然成分だけあって変質しやすいというデメリットがあるらしい。
レプリカデニムがヴィンテージのデニムの黒みを帯びたような青色にならないのはひょっとすると糊の成分とも関係があるのではないか。何十年も前に化学糊を使っていたとは考えにくい。天然糊の変質しやすいというデメリットがもしかしたら…。そんなことを思いながらまた洗濯をすることを決意した。

みなさんはどう思いますか?

続き 『 Levi's® LVC 50155-0116穿き込み 30 』 を読む >

10 / 23 , 2013
gotopagetop
10 / 19 , 2013  【LVC Hakikomi
LVC50155-0116

乾燥機に入れる度に浮き出てくるセルビッジのアタリ

表向きで乾燥機にかけることで各所のアタリが出ることがわかってしまってからというもの、穿いてもいないのに洗濯、乾燥機表向き50分を3回立て続けにをやってしまった。

乾燥機50分を1回、2回と重ねていく度にクッキリと波打つように浮かび上がってくるセルビッジ。
3回目は洗濯糊の原液をセルビッジだけに塗って乾燥機へ。するとさらに変化の度合いが増している。「もっともっと」とワタクシのセルビッジ部分のアタリへの欲求がエスカレートしてくる。それはまるで麻薬のようでした。歯止めが効かなくなるのが恐くなったんです。毎週のように洗濯し、乾燥機に入れ、どんどん青く、薄い色になっていっている他のレプリカ所有者のSNSの写真を思い出し、4回目に突入する前に思いとどまることができた。
乾燥機50分を3回、計150分で乾燥機中毒から抜け出すことができた。

続き 『Levi's® LVC 50155-0116穿き込み 29』 を読む >

10 / 19 , 2013
gotopagetop
10 / 05 , 2013  【LVC Hakikomi
47501のシルエット

47501はヴィンテージオリジナルモデルとは異なるシルエット

デブでもチビでも短足でも、だれでもカッコ良くみえるといわれている魔法のシルエットを持つといわれているモデル。世の中でシルエットが美しいといわれている人気ブランドのジーンズのほとんどは、このモデルを参考にしてつくられているらしい。

(引用:株式会社マガジンハウス POPEYE 2013年9月号

雑誌 POPEYE 2013年9月号でのLVC 47501の紹介文。

LVC 47501と言えば、ワタクシが現在部屋着として穿いている50155-0116の前に購入したモデル。( Levi's® LVC 47501-0117 穿き込み① )。

購入前にLevi's E-shopの写真で見ると綺麗なシルエットに見えた47501だったが、ファーストウォッシュ後、穿いてみるとワタクシには細すぎるシルエット。サイズを間違えたのではと1インチアップしてみたがどうもしっくりこない。ワタクシにはオシャレ過ぎるシルエットだった。1947年モデルがこんなにタイトフィットだったとは。結局55年モデルの50155-0116を買い直し、今に至っている。

細すぎるシルエットには隠されたエピソードがあった?

しばらくの間「こんな細いシルエット、オリジナルにはないだろう。LVCでこのシルエットを出すようになったか。終わったなwww。」そう思っていた。LVC47501を購入したことすら忘れてしまっていた最近、衝撃の情報が飛び込んできた。

要約すると、シルエットを改造して穿くことが流行った当事の再現をしているのではないかとのこと。
この情報を見てすぐに後悔したんですよね。「終わってないじゃん。」って。

Levi's E-shopのLVC 47501のページ を見ると「フィットは、ストレート レッグのクラシックなスリムフィット」としてはいるが、上記のサイトのようなエピソードの説明はない。一部のマニアを除けば55年モデルと47年モデルの両方をオリジナルに忠実に再現されても見分けが付かない。あえてオリジナルそのままではなく、その当事の文化までをも取り入れてシルエットの違いを出していたのだとすれば「やるなぁLevi's®。」どころの騒ぎではない。
「現代的なシルエットにモデファイされた・・・」等の謳い文句でオリジナルと銘打ったリーバイス風パロディジーンズが氾濫する中、Levi's®が47501のシルエットにまつわるエピソードをあえて語らず販売しているとしたらそれもまたシャレオツだなと。

ファッションアイテムとしてジーパンを取り入れられるようになったら、是非またLVC 47501を手に入れたいと思っている。

10 / 05 , 2013
gotopagetop

© SLOG ALL RIGHTS RESERVED.